@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小者【コモノ】

デジタル大辞泉

こ‐もの【小者】
身分の低い奉公人。丁稚(でっち)。小僧。
武家の雑役に使われた者。小人(こびと)。
年若い人。
「おのれほどの―と組んで勝負はすまじきぞとて」〈太平記・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こもの【小者】
一般には若年の者,身体の小柄な者のことをいうが,鎌倉室町・戦国時代には,武家に仕えて雑務を担当する軽輩のことをいい,〈小人(こびと)〉とも称している。朝廷公家の場合の小舎人(こどねり)に相当するといわれる。史料的には主君の外出等に際して,走衆(はしりしゆう),中間(ちゆうげん)などとともに供奉の人々の末尾に連なる役目として多くはみられ,太刀,弓などの武具草履などの履物を持って随従している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小者
こもの

奉公人の一種。小人(こびと)ともいう。武家などに雇われ、走り使いなど雑役に従事した。室町時代以降からみられ、年季を切って随時雇い入れるところが多い。武家では中間(ちゅうげん)の下位に置かれ、軍役の員数外とされた。江戸時代、幕府や諸藩の職制中では、中間とともにさまざまな名称で使役されている。このうち幕府では、五役の者と総称されるのが中心であった。

 五役は、黒鍬者(くろくわのもの)(草履取(ぞうりとり)、荷物運送)、中間、小人(伝令、用品運搬)、駕籠(かご)者、掃除者で、いずれも世襲である。禄高(ろくだか)は役職により異なるが、10俵一人扶持(ぶち)から15俵一人扶持くらいであった。

[佐々悦久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐もの【小者】
〘名〙
① 年若い人。年少者。また、こがらな人。
※太平記(14C後)九「己れ程の小者(コモノ)と組で勝負はすまじきぞとて」
② 身分の低い奉公人をいう。丁稚(でっち)。小僧。下男。
※俳諧・誹諧之連歌(飛梅千句)(1540)何第二「とくりをもたせ秋かぜぞふく 月かげは誰小ものめををくるらん」
※怪化百物語(1875)〈高畠藍泉〉上「主管(ばんとう)小厮(コモノ)が四表八表(よもやま)の」
③ 中世、近世に、武家に仕えて雑役に従事し、戦場では主人の馬先を駆走した軽輩のもの。室町時代には中間(ちゅうげん)より身分が低く、将軍出行のときは数名が随従し、草履(ぞうり)持ちなどをつとめた。江戸時代の小者は小人ともいい、幕府お抱えの小者はおもに使い走りや荷物の運搬にあたった。→小人
※吾妻鏡‐建保元年(1213)五月六日「建暦三年五月二日三日合戦被討人々日記〈略〉此外小物郎等は不注」
④ 江戸時代、武士に雇われ、雑事に使役されたもの。若党(わかとう)、中間、草履取りなどと併称されることが多く、普通一年ごとの契約で雇い入れられ、主人に対し忠誠義務はほとんどなかった。
※禁令考‐前集・第四・巻三六・寛永八年(1631)一一月五日「小者身分として侍に成候者於有之は、本文主人え相断改之、急度曲事可申付事」
⑤ 江戸時代、町奉行の廻り同心の手先となり、犯罪の捜査、犯人の逮捕に従った下級役人。その職務は目明(めあかし)(=岡引)と異ならなかったが、同心から若干の給金を与えられ、公的な使用人であった。
※牧民金鑑‐一・嘉永三年(1850)四月「雇足軽並手附手代共召連れ候小ものへ、十手捕縄貸渡候心得方之儀」
⑥ 手腕や地位のない、したっぱの取るに足りない者。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小者
こもの
鎌倉・室町時代に武家に使われた軽輩
小人 (こびと) ともいわれ,身分の低い奉公人の一般的呼称。室町時代には中間 (ちゆうげん) の下位に置かれた。江戸時代の正式職名に中間・小人はあるが小者の呼称はない。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation