@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小脇【コワキ】

デジタル大辞泉

こ‐わき【小脇】
わき。また、わきに関するちょっとした動作にいう語。「小脇に抱える」「小脇にはさむ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐わき【小脇】
〘名〙
① (「こ」は接頭語) 脇。また、脇腹。また、脇に関してちょっとした動作をするときにいう語。
※今昔(1120頃か)二三「恒世は頸を懸て小脇をすけり」
② 少し離れた横の方。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)蒯伍江息第一五「孟賁は勇力のものぢゃが、狐疑するはわらうべの小脇からふっと出て刀をつきたつるにはをとりぞ」
③ 相撲の手の一つ。〔新猿楽記(1061‐65頃)〕
④ 中部地方の山間の一部で、隷属性が強く、最も下層に分類された百姓をいった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小脇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小脇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation