@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小西行長【こにしゆきなが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小西行長
こにしゆきなが
[生]?
[没]慶長5(1600).10.1. 京都
安土桃山時代の武将。キリシタン大名。和泉堺の人。隆佐の子といわれる。通称は弥九郎。受洗名はアゴスチニョ。初め宇喜多氏に仕えたが,のち豊臣秀吉に仕え,従五位下に叙し,内匠頭,摂津守となった。天正 15 (1587) 年の九州征伐,さらに翌 16年の佐々成政の失脚後,肥後半国 24万石を領し,宇土城主となった。朝鮮の出兵に際して加藤清正とともに力戦し,明との外交交渉,さらに清正や浅野幸長の蔚山 (ウルサン) 籠城戦には援軍として参加した。秀吉死後,石田三成の与党となり,慶長5 (1600) 年の関ヶ原戦いに敗れ,六条河原で斬首された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こにし‐ゆきなが【小西行長】
[?~1600]安土桃山時代武将和泉(いずみ)の人。通称弥九郎。受洗名アグスチン。豪商の子。豊臣秀吉に仕え、文禄の役慶長の役に活躍。秀吉の死後、石田三成らと行動をともにし、関ヶ原の戦いに敗れ、処刑された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小西行長 こにし-ゆきなが
?-1600 織豊時代の武将。
小西隆佐(りゅうさ)の次男。堺の豪商小西氏の一族でキリシタン大名。宇喜多直家,ついで豊臣秀吉につかえ,天正(てんしょう)16年(1588)肥後(熊本県)宇土城主となる。文禄(ぶんろく)・慶長の役で先鋒(せんぽう)をつとめる。関ケ原の戦いでは西軍に属して敗れ,慶長5年10月1日処刑された。通称は弥九郎。洗礼名はアゴスチーニョ。
格言など】たとえいい置く儀億万あり共,いま首の座に居て白状すべきや(処刑前に,言い残すことはないかとたずねられて)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こにしゆきなが【小西行長】
?‐1600(慶長5)
安土桃山時代の武将,キリシタン大名。通称弥九郎,内匠頭・摂津守。受洗名アゴスチーニョ。代々薬種業を営んだ堺の豪商の出自で,父は小西隆佐,兄は如清。はじめ備前の宇喜多氏に仕え,のち豊臣秀吉のもとで〈塩飽(しあく)より堺に至るまでの船舶を監督〉し〈海の司令官〉とよばれる(イエズス会日本年報)。島津攻略,肥後一揆鎮圧の功により,1588年(天正16)肥後半国24万石を領し宇土城主となる。92年(文禄1)文禄の役には加藤清正とともに先陣をつとめ,釜山城などの攻撃に参加。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小西行長
こにしゆきなが
(?―1600)

キリシタンの戦国大名。素性は、その父隆佐(立佐)(りゅうさ)とともに明らかでないが、隆佐の次男として生まれ、早くキリシタンの洗礼を受けたらしい。その教名が「アゴスチーニョ」(アウグスチヌス)であり、当初弥九郎(やくろう)のちに摂津守(せっつのかみ)、通常「ツノカミ」と称せられたことは内外の史料が一致している。1585年(天正13)羽柴秀吉(はしばひでよし)(豊臣秀吉(とよとみひでよし))の紀州征伐において水軍の長として活躍し、まもなく小豆(しょうど)島、塩飽(しわく)諸島、室津(むろつ)の支配者となる。1587年九州征伐に参戦、バテレン追放令に際しても高山右近(たかやまうこん)のように処罰されなかったが、1588年には肥後(熊本県)南半に移封され、宇土(うと)城に鎮した。翌1589年、天草の五人衆が反逆したのを鎮圧、以後秀吉が没するまで文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役に主役をつとめる。1592年(文禄1)、第一軍の将として朝鮮の釜山(ふざん)に渡り、ソウルを陥れ、さらに平壌まで占拠したが、明(みん)国の征服を不可能と考え、早くより明の沈惟敬(しんいけい)と交渉してこの戦いを講和に持ち込もうとした。しかしその策謀が功を奏せず、慶長の役となり、ふたたび朝鮮南部に出陣した。秀吉の没後、石田三成(いしだみつなり)らとともに徳川家康らに対抗したが、関ヶ原合戦に敗れ、慶長5年10月1日、京都六条河原において斬首(ざんしゅ)された。

[松田毅一 2018年3月19日]

『松田毅一著「小西立佐一族」(『近世初期日本関係南蛮史料の研究』所収・1967・風間書房)』『フロイス著、松田毅一・川崎桃太訳『フロイス 日本史』全12巻(1977~1980・中央公論社/中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こにし‐ゆきなが【小西行長】
安土桃山時代の武将。キリシタン大名。通称彌九郎。洗礼名アグスチン。堺の豪商小西隆佐の子という。宇喜多氏、のち豊臣秀吉に仕え、肥後半国二四万石を与えられた。文祿・慶長の役には先鋒として渡海し、平壌を占領。関ケ原の戦いで石田方に属して敗れ、捕えられて殺された。慶長五年(一六〇〇)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小西行長
こにしゆきなが
?〜1600
安土桃山時代の武将。キリシタン大名
堺の豪商小西隆佐 (りゆうさ) の子。初め宇喜多氏の家人,のち豊臣秀吉の側近として仕え,1588年九州征討に従い,肥後一揆鎮圧の功により肥後半国12万石を領した。文禄・慶長の役には加藤清正とともに先鋒になり出陣,講和に努力したが失敗した。秀吉の死後,石田三成にくみして清正らの武断派と対立するようになり,1600年関ケ原の戦いには三成らと西軍の中心となり戦ったが敗れ,京都で斬首された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小西行長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小西行長の関連情報

関連キーワード

リレー競技マイケル ジョンソン佐渡国0 SIM陸上リレール・ナン[兄弟]八幡惣町石田正澄大谷吉継小野寺義道

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation