@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小選挙区制【しょうせんきょくせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小選挙区制
しょうせんきょくせい
single member constituency system
全国を議会議員定数と同数の選挙区に分割し,1選挙区から1議員を選出する選挙制度。小政党が乱立するより連合して大政党として過半数得票を得るほうが勝ちやすくなるため,大政党を伸ばす傾向をもち,政局が安定するといわれている。選挙区が小さいので候補者がよくわかるなどの利点もあるが,少数派の代表が選出されない,死票が多くなる,買収が起こりやすい,などの欠点が指摘されている。日本でも 1870~71年,1919~25年に採用されたことがある。第2次世界大戦後は 47年以来中選挙区制を採用していたが,94年3月に成立した改正政治改革関連法により衆議院議員選挙に小選挙区制が導入されることになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

小選挙区制
選挙区とは、議員を選出するために地域を区分したもの。選挙区から議員が1人選出される場合に小選挙区と呼ばれ、議員定数分の選挙区ができる。小選挙区制の長所は、(1)多数派にアピールする中道的な政党の候補者が有利になり、穏健で安定的な二大政党制が出現しやすい、(2)有権者と候補者の距離が近くなり、候補者に関する情報が得やすい、(3)1つの政党から1人の候補者しか出ないので、中選挙区制のように同じ政党の候補者同士の戦いがなくなり、争点をめぐる政党間競争が行われる、などである。一方、短所は、(1)1選挙区から1人しか選出されないので、落選者に投じられた死票の割合が大きくなる、(2)少数派の意見が代表されにくく、小政党の存立がほとんど不可能になる、(3)有権者と候補者の距離が近くなる分、腐敗選挙の可能性が高まる、(4)多数政党に有利なように選挙区割りが行われる、いわゆるゲリマンダーの可能性がある、などである。ゲリマンダーとは、1812年に米・マサチューセッツ州知事のエルブリッジ・ゲリー(Elbridge Gerry)が民主党に有利なように選挙区割りを行い、その選挙区の形が伝説上の動物、サラマンダーに似ていたことから、選挙区割りを特定の政党に有利なように行うことを、両者をもじってこう呼ぶようになった。
(蒲島郁夫 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

しょうせんきょくせい【小選挙区制】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうせんきょくせい【小選挙区制】
一選挙区から一名を選出する選挙区制。イギリスの下院、アメリカの連邦議会の選挙はこの選挙制度による。死票が多く、多数党に有利になるとされる。 → 大選挙区制中選挙区制

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小選挙区制
しょうせんきょくせい
1選挙区から議員1名を選出する選挙制度。2名以上選出の大選挙区制に対する語。第二次世界大戦後の1947年(昭和22)から1994年(平成6)の小選挙区比例代表並立制への選挙制度改革に至る約50年近く続いた日本の衆議院議員選挙では、2名から5名選出したが、これはとくに日本では中選挙区制とよばれる。小選挙区制では、イギリスアメリカにみられるように、第三党以下の小政党の進出が困難で二大政党制になりやすく、その意味では政局が安定するという利点が指摘されている。また選挙区が狭いので選挙人は候補者を知ることが容易で、選挙費用も少なくてすむといわれる。他方で、1名以外はすべて落選するので死票が多くなり、また無所属の新人の候補者が当選しにくいなどの欠陥がある。この場合、少数党にも議席を与えようとして比例代表制を加味する方法もある(ドイツ・日本)。
 日本では1889年(明治22)と1919年(大正8)の衆議院議員選挙法で小選挙区制を採用したことがある。それ以外は大選挙区制か中選挙区制を採用し、戦後ほとんどは中選挙区制を採用している。戦後、中選挙区制を小選挙区制に改正しようとする動きが二度あった。一度目は1956年(昭和31)に鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣が国会に法案を上程したとき、二度目は1973年に田中角栄首相が小選挙区制を打ち出したときである。これらは、いずれも野党と世論の猛烈な反対にあい、また与党内部の区割り調整がうまくいかないこともあって流産した。
 小選挙区制への改正の理由としては、二大政党制が実現し政局が安定する、選挙費用が少なくてすみ、金権政治や派閥が解消し党が近代化されるなどがあげられている。しかし、小選挙区制を実施して二大政党制が実現する条件としては、保守・労働党(イギリス)、共和・民主党(アメリカ)のように政策の5分の4がほぼ一致しており、5分の1の違いをめぐって政策が争われている場合に可能であって、1955年から1993年(平成5)まで続いた「五五年体制」下における日本の自民党、社会党(現社会民主党)のように政策の内容が大きく異なる場合には、その実現は困難であったといえる。また選挙区が狭くなっても、買収、供応などの不正行為が解消するとも思えず、各派閥は自派の候補者を当選させようとして、かえって与党内の派閥抗争は激化し、党の近代化が実現するとはいえない。もしも、1994年以前の日本のような投票分布図において小選挙区制が実施されると、第一党の自民党が圧倒的に有利となり、7割の議席を占めると試算されていた。鳩山内閣が再軍備・憲法改正を推進するために、田中内閣が得票率50%を割る保守退潮化の傾向に際して、小選挙区制導入を試みた理由は明らかであろう。しかし、1993年に戦後38年間続いた自民党の一党支配が崩れ、保守が分裂したとき、社会党、民社党、公明党など、小選挙区制に反対していたかつての野党が、日本新党の細川護熙(もりひろ)を中心に細川内閣を形成し、1994年に小選挙区比例代表並立制が採択された。
 ところで小選挙区制の欠陥として、時の第一党に圧倒的に有利になりやすく、自由民主党が政権を保持し続けている日本のような国では、政治変動が起こりにくいといわれていた。その欠陥を補うために単純小選挙区制に国民意志を忠実に反映する比例代表制を加えたが、これでも第一党に有利であるという状況が続いた。しかし2009年の総選挙においては、第二党である民主党が圧倒的勝利を収めた。[田中 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうせんきょく‐せい セウセンキョク‥【小選挙区制】
〘名〙 一選挙区から議員一人を選出する選挙制度。大選挙区制に対するもの。イギリス・アメリカをはじめ、ヨーロッパ諸国で広く行なわれ、日本では、明治二二年(一八八九)と大正八年(一九一九)の衆議院議員選挙で採用された。日本の現在の衆議院議員選挙の制度は「小選挙区比例代表並立制」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小選挙区制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小選挙区制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation