@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小野川喜三郎【オノガワキサブロウ】

デジタル大辞泉

おのがわ‐きさぶろう〔をのがはキサブラウ〕【小野川喜三郎】
[1758~1806]江戸後期力士。第5代横綱近江(おうみ)の人。谷風・雷電好敵手として活躍し、相撲の黄金時代を築いた。→第4代横綱谷風 →第6代横綱阿武松(おうのまつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小野川喜三郎 おのがわ-きさぶろう
1758-1806 江戸時代中期-後期の力士。
宝暦8年生まれ。5代横綱。大坂相撲から江戸相撲にうつり,天明2年,63連勝中の谷風をやぶった。寛政元年谷風とともに横綱となり,江戸相撲の黄金時代をつくった。幕内成績144勝13敗。身長178cm,体重135kg。文化3年3月12日死去。49歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身本名は川村喜三郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おのがわきさぶろう【小野川喜三郎】
1758‐1806(宝暦8‐文化3)
江戸時代の力士。5代横綱。近江国大津の生れ。本名,川村喜三郎。大坂相撲から1779年(安永8)江戸へ出て二段目筆頭(いまの十両)に付け出される。久留米有馬侯に召し抱えられ,当時8場所土つかずの谷風梶之助を破り,〈谷風は負けた負けたと小野川や かつをよりねの言いとり沙汰〉と蜀山人の狂歌で大評判となった。この時期,勧進相撲は黄金時代を迎え,徳川将軍上覧相撲にそなえ,89年(寛政1)谷風とともに前例のない横綱土俵入り免許を受けて観客の目を見張らせた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

小野川喜三郎
おのがわきさぶろう
(1758―1806)

江戸時代の相撲(すもう)力士で5代横綱。滋賀県大津出身。大坂相撲から江戸相撲に加わり、1782年(天明2)無敵を誇る谷風梶之助(かじのすけ)を破って人気を集め、89年(寛政1)谷風とともに前例のない横綱土俵入り免許を受け、寛政(かんせい)期(1789~1801)の黄金時代を築いた。身長176センチメートル、体重116キログラム、勝率91.7%。97年引退。抱え大名の久留米(くるめ)藩(有馬氏)下屋敷(東京都港区芝)に小野川部屋を開く。通説による帰坂は誤りで、江戸で没した。

[池田雅雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おのがわ‐きさぶろう をのがはキサブラウ【小野川喜三郎】
江戸中期の力士。第五代横綱。はじめ大坂相撲にいたが、のち江戸相撲に参加。谷風、雷電らと黄金時代をつくる。将軍上覧相撲に際して、谷風とともに横綱を免許された。抱え大名は久留米藩有馬氏。宝暦八~文化三年(一七五八‐一八〇六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野川喜三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小野川喜三郎の関連情報

関連キーワード

エドワーズベートーベンナポリ王国ナポレオン戦争史(年表)ハレー彗星クレメンス13世ブラックストンノバルティス市川團十郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation