@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

小野蘭山【おの らんざん】

美術人名辞典

小野蘭山
江戸中・後期本草学者。京都生。名は職博・道敬、字は以文、通称喜内、別号に朽匏子・衆芳軒等。松岡玄達本草学を学ぶ。日本本草学の集大成といわれる『本草綱目啓蒙』を編述する。門人飯沼慾斎・杉田玄白ら多くの有能な研究者が出た。文化7年(1810)歿、82才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おの‐らんざん〔をの‐〕【小野蘭山】
[1729~1810]江戸中期の本草(ほんぞう)学者。京都の人。名は職博(もとひろ)。松岡恕庵に学ぶ。幕命により江戸の医学館講義するかたわら、諸国薬草採集本草綱目啓蒙(ほんぞうこうもくけいもう)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

小野蘭山 おの-らんざん
1729-1810 江戸時代中期-後期の本草家。
享保(きょうほう)14年8月21日生まれ。松岡恕庵(じょあん)にまなび,京都に私塾衆芳軒をひらく。のち幕府の医官となり江戸の医学館でおしえる。ひろく植物採集をおこない,わが国の本草学を集大成した。文化7年1月27日死去。82歳。京都出身。本姓は佐伯。名は職博。字(あざな)は以文。通称は喜内。別号に衆芳軒。著作に「本草綱目啓蒙(けいもう)」「十品考」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おのらんざん【小野蘭山】
1729‐1810(享保14‐文化7)
江戸中期の本草家。本姓佐伯,名は職博(もとひろ),希博,字は以文,号は蘭山である。京都桜木町に生まれる。松岡玄達に本草を学んだ。京都で研究と教育に専念していたが,1799年(寛政11)幕府の招きで江戸に下って医学館で本草を講じた。江戸在住以来,各地に5回採薬旅行し,旅行ごとに採薬記を幕府に提出した。主著《本草綱目啓蒙》48巻(1803‐06)のほか多数の著作がある。《本草綱目啓蒙》は図はないが,江戸本草の集大成で,江戸時代最大の博物誌であり,江戸後期の本草への寄与は大であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おのらんざん【小野蘭山】
1729~1810 江戸後期の本草学者。京都生まれ。本姓、佐伯。名は職博もとひろ。通称、喜内。松岡恕庵に本草学を学ぶ。薬用にとらわれず、日本産の動植鉱物を実証的かつ網羅的に研究整理し、江戸時代の本草学を大成。シーボルトにより「東洋のリンネ」と称される。 → 本草綱目啓蒙ほんぞうこうもくけいもう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

小野蘭山
おのらんざん
[生]享保14(1729).8.21. 京都
[没]文化7(1810).1.27. 江戸
江戸時代の本草 (薬草) 学者。松岡恕庵に師事したが,師の死後は独学し,25歳ですでに多くの弟子を集めた。寛政 11 (1799) 年,70歳で江戸幕府に招かれ医学館の本草教授。翌年から文化3 (1806) 年にいたる6年間,関東,中部近畿の諸国をめぐって本草書をつくり,将軍に献上した。主著『本草綱目啓蒙』 (48巻) は,蘭山の孫の職孝と門人の岡村春益が蘭山の口述筆記をまとめたもので,当時の本草百科事典として医学者必読の書であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

小野蘭山
おのらんざん
(1729―1810)
江戸後期の本草(ほんぞう)学者。京都の人。名は職博(もとひろ)。本草を松岡恕庵(じょあん)(玄達)に学び、師の没後独学で大成した。70歳で幕府医学館に招かれ、江戸に出て医官の子弟に本草を講授するかたわら、諸国の山野を踏査採薬したので「地仙」と尊称された。本草講義を孫の職孝(もとたか)(?―1852)が整理して『本草綱目啓蒙(けいもう)』48巻を出版(1806)した。本書は中国の李時珍(りじちん)の『本草綱目』の原典に照らし国産動植鉱物の和漢名、品種の異同、方言、薬用部分などを詳述した日本の本草学の集大成で、江戸時代のもっとも内容の充実した薬物研究書である。シーボルトは蘭山を「日本のリンネ」と評した。著書は『大和本草批正(やまとほんぞうひせい)』『飲膳摘要(いんぜんてきよう)』ほか多数ある。門人も飯沼慾斎(よくさい)、岩崎灌園(かんえん)、水谷豊文(ほうぶん)、山本亡羊(ぼうよう)(1778―1859)ら非常に多い。[根本曽代子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

小野蘭山 (おのらんざん)
生年月日:1729年8月21日
江戸時代中期;後期の本草博物学者
1810年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おの‐らんざん【小野蘭山】
江戸後期の本草学者。名は職博(もとひろ)。通称、喜内。京都の人。松岡恕庵に師事。全国各地の薬草を採集。のち幕府医学館の教授。著「本草綱目啓蒙」「飲膳摘要」「広参説」など。享保一四~文化七年(一七二九‐一八一〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

小野蘭山
おのらんざん
1729〜1810
江戸中期の本草学者
京都の人。11歳で中国の本草書『秘伝花鏡』を読み,志を抱いた。幕府の医官となり本草学を講義,各地を採集旅行した。『本草綱目啓蒙』48巻は観察に基づいた日本本草学研究の集大成である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野蘭山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

小野蘭山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation