@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

少宮司【ショウグウジ】

デジタル大辞泉

しょう‐ぐうじ〔セウ‐〕【少宮司】
元慶5年(881)伊勢神宮に置かれた職員大宮司の次で、これを補佐した。のち、熱田鹿島宇佐阿蘇の諸社にも置かれた。
明治4年(1871)伊勢神宮や各官・国幣大社に置かれた神職の職階。
神宮司庁の職員の職階

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうぐうじ【少宮司】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうぐうじ【少宮司】
1871年(明治4)、伊勢神宮、および官国幣大社で、大宮司の下に置かれた神職。87年以後伊勢神宮以外では廃止。
中古、伊勢神宮に置かれた職員。大宮司を補佐する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ぐうじ セウ‥【少宮司】
〘名〙
① 元慶五年(八八一)伊勢神宮に置かれた職員。大宮司に次ぐもの。定員一人。相当位は正七位上。後には熱田、鹿島、宇佐、阿蘇神宮などにも置かれた。〔三代格‐一・元慶五年(881)八月二六日〕
② 明治四年(一八七一)の太政官布告によって伊勢神宮および官幣国幣大社に置かれた職階の一つ。神宮では祭主・大宮司の次に置かれ、大宮司と同じく祝詞の奏進、祭祀の管掌、庶務の裁決を任務とした。官幣国幣社では大社だけに大少の宮司が置かれた。同一〇年一二月に至って廃止。〔太政官布告第二三五号‐明治四年(1871)五月一四日〕
③ 神宮司庁の職員。大宮司に次ぎ、大宮司を補佐するもの。〔神宮司庁官制(明治二九年)(1896)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少宮司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

少宮司の関連情報

関連キーワード

ルイ3世慧子内親王学習漢字個人情報流出と企業のネット管理AED教育漢字奨学院清和天皇茜部荘大浦荘

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation