@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

少年の町

デジタル大辞泉プラス

少年の町
1938年製作のアメリカ映画。原題《Boys Town》。監督:ノーマン・タウログ、出演:スペンサー・トレーシー、ミッキー・ルーニー、ヘンリー・ハルほか。第11回米国アカデミー賞主演男優賞(スペンサー・トレーシー)、脚本賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうねんのまち【少年の町】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

少年の町
しょうねんのまち
孤児や非行少年など社会から見捨てられた少年の保護と救済のためにつくられた町で、1918年アメリカの神父フラナガンE. J. Flanagan(1886―1948)によって合衆国ネブラスカ州オマハにつくられたのが最初である。この町はすべて少年たちの自治的な組織(少年町長1、議員5、理事25)によって町の行政・財政・教育機関が運営されており、36年以後には正式の地方自治体の町Boys Townとして認められている。
 わが国では1947年(昭和22)フラナガンの来日や同名の映画公開によって、この構想に対する共感が高まり、新潟市、瀬戸内海因島(いんのしま)、神戸市、仙台市などでこれに見倣った事業がおこされたが、現在では消滅したものもあり、初期の形態は残されていない。[上野文枝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうねん【少年】 の 町(まち)
(Boys Town の訳語) アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハにある孤児や非行少年の保護および救済を目的とする町。一九一八年E=J=フラナガン神父が創立。町は少年町長、少年議員、少年理事の自治により、行政、財政、教育機関が運営される。昭和二二年(一九四七)同神父が来日し、新潟、神戸、仙台などで試みられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少年の町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

少年の町の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation