@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

少年【ショウネン】

デジタル大辞泉

しょう‐ねん〔セウ‐〕【少年】
年が若い人。特に、年少の男子。ふつう、7、8歳くらいから15、6歳くらいまでをいう。「少年の心」「少年時代」
少年法などでは満20歳に満たない者。児童福祉法では小学校就学から満18歳に達するまでの者。いずれも男子と女子を含んでいう。
[補説]書名別項。→少年

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうねん【少年】[書名]
金子兜太の第1句集。昭和30年(1955)刊。昭和31年(1956)の現代俳句協会賞を受賞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

少年
1969年公開の日本映画。監督大島渚脚本田村孟、撮影:吉岡康弘、仙元誠三。出演渡辺文雄、小山明子、阿部哲夫、木下剛志ほか。第24回毎日映画コンクール脚本賞、女優助演賞(小山明子)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少年

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうねん【少年】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうねん【少年】
年の若い男子。普通、七、八歳から、一五、六歳ぐらいまで。少年法では二〇歳未満、児童福祉法では小学校就学から満一八歳までの男子と女子。
年が若いこと。幼いこと。 其の中に-の女を見て/十訓 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ねん セウ‥【少年】
〘名〙
① 年の少ないこと。また、その頃。少年時代。また、その人。年の若い者。若者。若人。男女ともにいうが、現在ではふつう、小学、中学ごろの男子にいう。
※田氏家集(892頃)上・題橘才子所居池亭「風光売眼応限、誇得遊春諸少年」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉二一「男女の少年は今、小学校を指して急ぐのであった」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② 少年法で二〇歳に満たない者。また、児童福祉法では小学生から満一八歳に達するまでの者をいう。いずれも男女を含む。
③ 男色の相手とする年少の男子。若衆。
※俳諧・新花摘(1784)「少年の矢数問寄る念者ぶり」
④ 子分。
※浅草紅団(1929‐30)〈川端康成〉一六「『お前たれの少年(セウネン)だ』と、ゆすられないとも限らないのだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少年」の用語解説はコトバンクが提供しています。

少年の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation