@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尚寧【しょう・ねい】

世界大百科事典 第2版

しょうねい【尚寧】
1564‐1620
琉球王国の国王。王尚永に世継ぎがなく,1589年迎えられて第二尚氏王朝7代目の王となった。1606年中国(明)皇帝の名において派遣された使節により冊封をうけた。おりしも日本との外交関係は危機的状況を迎えていたが,09年(慶長14)春,薩摩島津氏はついに3000の兵をもって琉球を侵略したが,琉球側には戦意がなく,ほとんど戦うことなく無条件降伏を余儀なくされた。その年尚寧は鹿児島重臣とともに連行された(琉球征服島津侵入事件)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

尚寧
しょうねい
(1564―1620)

薩摩(さつま)軍の侵略を被ったときの琉球(りゅうきゅう)国王。第二尚氏王朝6代尚永(しょうえい)には嗣子(しし)がなく、1589年、王族の一つ浦添按司(うらそえあんじ)家から迎えられて7代目の王となり、1606年、明(みん)皇帝神宗(しんそう)の派遣した夏子陽(かしよう)の手で冊封(さくほう)を受けた。しかし3年後の1609年、琉球支配の宿願を果たすべく兵3000を琉球に送った薩摩藩主島津家久(しまづいえひさ)により征服された(島津侵入事件)。尚寧は重臣ともども鹿児島に連行され、その後駿府(すんぷ)で徳川家康に、また江戸で2代将軍秀忠(ひでただ)に謁見したのち、薩摩の琉球支配の基本方針を受諾して2年後に帰国を許された。王国の前途多難に思いをはせつつ1620年9月19日死去。歴代国王の眠る玉御殿(たまうどぅん)(玉陵)にではなく、一族の眠る浦添ヨウドレの東室(とうしつ)(俗に尚寧王陵という)に葬られた。

[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ねい シャウ‥【尚寧】
琉球国王。第二尚子王朝の第七代。一六〇六年、中国皇帝より冊封を受けた。慶長一四年(一六〇九)、島津氏の琉球攻略の時に捕虜となり、以後琉球は島津氏の属国となった。(一五六四‐一六二〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尚寧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尚寧の関連情報

関連キーワード

十三陵万暦帝プリマス尚寧王ムニョスドゥラード万暦帝万暦帝メイフラワー号万暦帝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation