@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尚泰【しょうたい】

世界大百科事典 第2版

しょうたい【尚泰】
1843‐1901
琉球王国最後の国王。尚育王の次子で,長子早世のため1847年7月,わずか4歳で第二尚氏王朝19代目の王となった。66年8月,中国(清朝)皇帝の命により派遣された使節の手で冊封(皇帝名による即位式典)をうける。その治世中,王国は動揺し,内外ともに多事多難を極めた。琉球を日本の版図に編成することを目ざした明治政府により72年(明治5)9月〈琉球藩王〉に封ぜられ,79年3月の〈琉球処分〉(沖縄県の設置)に際しては王宮首里城の明渡しを強要され,臣下とともに城を出た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

尚泰
しょうたい
(1843―1901)

琉球(りゅうきゅう)王国最後の国王。天保(てんぽう)14年7月8日、尚育(しょういく)の次男として生まれたが、長子早世のため1847年(弘化4)弱冠4歳で王位に上り、1866年(慶応2)中国皇帝の派遣した趙新(ちょうしん)らの手で冊封(さくほう)を受けた。農村の疲弊や王府財政の逼迫(ひっぱく)、異国船来航など、その治世は内憂外患に明け暮れ、やがて琉球所属問題の難局に直面した。1872年(明治5)「琉球藩」設置に伴い「琉球藩王」の称を明治政府より与えられ、1879年には、軍隊、警察を投入して王宮首里城の明け渡しを命ずる政府の要求に屈し、臣下とともに城を出て長い王国の歴史に終止符を打った(琉球処分)。その後、侯爵となり、東京に屋敷を与えられて住んだ。明治34年8月19日死去。歴代国王の眠る玉御殿(たまうどぅん)に安葬された。

[高良倉吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐たい シャウ‥【尚泰】
琉球王国最後の王。第二尚氏王統一九代。一八六六年清国より琉球国中山王に任ぜられ、明治五年(一八七二)日本政府より琉球藩主として華族に列せらる。同一二年上京を命ぜられて明治天皇に謁見し、東京移籍を命ぜられて、侯爵となる。(一八四三‐一九〇一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

尚泰
しょうたい
1843〜1901
最後の琉球国王
1872年に琉球藩が置かれると琉球藩王とされ,華族に列せられた。'79年の沖縄県設置(琉球処分)により,首里城の明け渡しと東京移住を命じられた。'85年華族令により侯爵。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尚泰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尚泰の関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命フランス史(年表)三月革命チェコおよびスロバキア史(年表)マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation