@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尚貞王【しょうていおう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

尚貞王 しょうていおう
1646*-1709 琉球の国王。第二尚氏王統第11代。在位1669-1709。
尚賢王5年12月6日生まれ。尚質王の長男向象賢(しよう-じょうけん)(羽地朝秀(はねじ-ちょうしゅう))らの補佐をえて荒地開墾学問奨励などをすすめ,島津氏支配によって疲弊した国力の回復と行政改革につとめた。尚貞王41年7月13日死去。65歳。童名(わらびなー)は思五郎金(うみぐらーがに)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

尚貞王 (しょうていおう)
生年月日:1646年12月6日
江戸時代前期;中期の琉球の国王
1709年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尚貞王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尚貞王の関連情報

関連キーワード

徳川綱吉徳川綱吉徳川綱吉徳川綱吉徳川綱吉東山天皇井上正継メイナール小林義信金沢五平次

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation