@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尺牘【せきとく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尺牘
せきとく
尺素 (せきそ) ,尺書尺翰などともいう。手紙のこと。古来中国で1尺四方の (木の) を書簡に用いたことに由来する。日本では漢文体の書簡 (→消息 ) をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せき‐とく【×牘】
《「牘」は文字を記す木札》手紙。書簡。書状。しゃくどく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく‐どく【尺×牘】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきとく【尺牘 chǐ dú】
手紙,書翰のこと。牘は幅の広い木簡。中国で,古く書翰は,1尺の長さの木牘,きぬ(),紙などに書かれたので,尺牘,尺素尺楮(せきちよ)などの名があるという。書翰が文学ジャンルの一つとして位置を占めたことは,たとえば《文選》に〈書〉という部類が立てられ,そこに司馬遷〈任少卿(じんしようけい)に報ずる書〉や嵆康〈絶交書〉などの作品が収められていることからも知られよう。明・清の文人や学者たちについて,それぞれの文集とは別に尺牘集が編まれているのは,書翰の模範文例集としての意味をももった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せき‐とく【尺牘】
〘名〙 (「せきどく」とも。「牘」は文字を記す木札のこと) てがみ。書簡。書状。尺素。尺楮(せきちょ)。しゃくどく。
※続日本紀‐養老六年(722)七月己卯「尺牘案文。未決断」 〔史記‐倉公伝賛〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく‐どく【尺牘】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尺牘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尺牘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation