@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尼子勝久【あまこかつひさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尼子勝久
あまこかつひさ
[生]天文22(1553)
[没]天正6(1578).7.3. 播磨,上月
戦国大名。誠久の子。もと京都東福寺の僧。永禄9 (1566) 年晴久の子義久が毛利元就に敗れて尼子氏が滅亡すると,勝久は同 11年 10月,主家の再興を企てた遺臣山中幸盛や立原久綱らに擁立され,翌 12年5月隠岐に,さらに出雲に奔走し旧臣糾合に努め,その勢力を復興したかにみえたが,元亀1 (70) 年1月毛利輝元との戦いに敗れ,翌2年織田信長を頼って上洛。天正5 (77) 年豊臣秀吉播磨上月城攻略ののち,同城を守備したが,翌6年毛利氏撃を受け,さらに6月 12日秀吉の軍が撤退するとやがて落城,自殺した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あまこ‐かつひさ【尼子勝久】
[1553~1578]戦国時代武将経久(つねひさ)曽孫。毛利氏に滅ぼされた尼子家を再興したが、のち毛利軍と戦って敗死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

尼子勝久 あまこ-かつひさ
1553-1578 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)22年生まれ。尼子国久の孫。尼子氏再興をはかり,永禄(えいろく)12年大友宗麟(そうりん)の援助をえて挙兵。出雲(いずも)(島根県)の大半を回復するが,翌年毛利氏に敗れ,織田信長をたよる。のち羽柴(豊臣)秀吉に属し播磨(はりま)(兵庫県)上月(こうづき)城をまもるが,天正(てんしょう)6年7月3日毛利軍に包囲され自刃(じじん)。26歳。通称は孫四郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あまこかつひさ【尼子勝久】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あまこかつひさ【尼子勝久】
1553~1578 戦国時代の武将。尼子氏再興のため、遺臣山中鹿之介らに擁立されて毛利氏と戦ったが、毛利軍に攻囲されて自刃。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あまこ‐かつひさ【尼子勝久】
室町後期の武将。誠久(もとひさ)の子。京都東福寺の僧であったが還俗して山中鹿之助(介)らに助けられ、尼子氏再興をはかった。織田信長を頼ったが、播磨上月城で、毛利軍に攻められ自刃。尼子氏は滅亡。天文二二~天正六年(一五五三‐七八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尼子勝久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尼子勝久の関連情報

関連キーワード

川中島の戦いエドワード川中島の戦グレーチューダー朝メアリー1世メアリー(1世)宝蔵院流槍術アンリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation