@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尼子経久【あまこつねひさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尼子経久
あまこつねひさ
[生]長禄2(1458)
[没]天文10(1541).11.13. 出雲,富田
戦国大名。出雲守護代清定の子。初め守護代,一時流浪したが,のち富田城主となって毛利元就と対抗し,山陰勢力を伸長した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あまこ‐つねひさ【尼子経久】
[1458~1541]戦国時代武将出雲守護代であったが、室町幕府軍に追われ、のち山陰各地を攻略して、大内氏毛利氏対立

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

尼子経久 あまこ-つねひさ
1458-1541 室町-戦国時代の武将。
長禄(ちょうろく)2年11月20日生まれ。父尼子清定の跡をつぎ出雲(いずも)(島根県)の守護代となったが,寺社本所領,段銭(たんせん)(税)などを押領したため,職を解かれた。守護京極政経(まさつね)の死後隠岐(おき),石見(いわみ),伯耆(ほうき),安芸(あき),備中(びっちゅう),備後(びんご)など11ヵ国の太守と称される戦国大名となる。天文(てんぶん)10年11月13日死去。84歳。初名は又四郎

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あまこつねひさ【尼子経久】
1458‐1541(長禄2‐天文10)
戦国時代の武将。民部少輔,のち伊予守。父清定を継ぎ出雲守護代。段銭を押領し一時追放されたが,1486年(文明18)守護京極政経の上洛後,事実上出雲の支配権を握った。山陰,山陽に兵を動かし勢力は11ヵ国に及んだといわれ,尼子氏の最盛期を築いた。安芸で大内氏と戦い,1525年(大永5)配下の毛利元就が大内氏に属したのちは毛利氏とも戦う。子政久陣没のため37年隠退後も孫晴久を後見した。【加藤 益幹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あまこつねひさ【尼子経久】
1458~1541 戦国時代の武将。出雲守護代。山陽一帯に勢力を伸ばしたが、大内義興およびそれに与くみした毛利元就によって拡大を阻止された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

尼子経久
あまごつねひさ
(1458―1541)
室町後期の戦国大名。出雲(いずも)守護代尼子清定(きよさだ)の嫡子。1478年(文明10)ごろ父にかわって守護代に補任(ぶにん)されると、寺社領の押領、段銭徴収の緩怠(けたい)、美保関(みほのせき)公用銭の未進など、公然と守護の支配に抗して戦国大名への道を指向したので、1484年(文明16)守護京極政経(きょうごくまさつね)によって守護代職を罷免(ひめん)され、富田月山(とだがっさん)城(島根県安来(やすぎ)市)を追われた。しかし、2年後富田城を奪回、守護を放逐し、近隣の国人を制圧して戦国大名として独立。大内義興(よしおき)が足利義稙(あしかがよしたね)を奉じて上京すると、その間隙(かんげき)を縫って中国地方に進出して版図(はんと)を広げ、大永(たいえい)年間(1521~1528)尼子氏の最盛期を築いた。天文(てんぶん)10年11月13日、84歳で富田城内に没した。[藤岡大拙]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

尼子経久 (あまこつねひさ)
生年月日:1458年11月20日
戦国時代の出雲の武将
1541年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あまこ‐つねひさ【尼子経久】
戦国大名。清定の子。出雲・隠岐の守護代。永正五年(一五〇八)、大内義興と共に前将軍足利義尹を奉じて上洛するが、のち義興と対立して将軍足利義澄と結び、山名氏の跡をうけて、安芸より因幡に至る山陰・山陽諸国を攻略、大内氏・毛利氏と対抗した。長祿二~天文一〇年(一四五八‐一五四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尼子経久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尼子経久の関連情報

関連キーワード

阿麻和利護佐丸尚泰久イジーエネア・シルビオ・ピッコロミニフェランテマーチャーシュ[1世]パウルス2世ピウス(2世)マーチャーシュ(1世)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation