@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尼寺【アマデラ】

デジタル大辞泉

あま‐でら【尼寺】
尼僧の住む寺。比丘尼寺(びくにでら)。
カトリック修道女が住む修道院

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に‐じ【尼寺】
あまでら。「国分寺国分尼寺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あまでら【尼寺】
比丘(びくに)の止住する。元来は比丘尼寺とよび,俗に庵寺(あんでら)ともいう。中国では4世紀初めに洛陽城の西に建立された竹林寺が尼寺の初めといわれ,朝鮮にも高句麗,百済に尼寺があった。日本では司馬達等の娘善信尼などが,584年に出家して桜井寺に住したのが初見である。聖徳太子建立7ヵ寺と伝える中に,中宮(斑鳩),,池後,葛城の4尼寺があり,行基建立の寺院では僧寺と並んで尼寺が建てられた。国分尼寺は法華滅罪寺とよばれ尼僧10人を置き水田10町が施入された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

にいじ【尼寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あまでら【尼寺】
尼の住む寺。比丘尼寺びくにでら。尼寺にじ。キリスト教の修道女の住む修道院をもいうことがある。
鎌倉の東慶寺の俗称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にじ【尼寺】
あまでら。 国分-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あま‐でら【尼寺】
〘名〙
① 尼の住む寺。比丘尼寺(びくにでら)。キリスト教の修道女の住む修道院をもいうことがある。
※書紀(720)舒明即位前「唯し兄子(このかみ)にあたる毛津のみ、尼寺の瓦舎(かはらや)に逃げ匿(かく)る」
② 神奈川県鎌倉市の東慶寺の称。縁切寺として有名であった。
※雑俳・柳多留‐五(1770)「あまでらに行って我身にして帰り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に‐じ【尼寺】
〘名〙 尼(あま)の住む寺。あまでら。
※続日本紀‐大宝元年(701)八月甲辰「観世音寺筑紫尼寺封、起大宝元年計満五歳

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尼寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尼寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation