@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尾張国郡司百姓等解文【オワリノクニグンジヒャクショウラノゲブミ】

デジタル大辞泉

おわりのくにぐんじひゃくしょうら‐の‐げぶみ〔をはりのくにグンジヒヤクシヤウら‐〕【尾張国郡司百姓等解文】
永延2年(988)、尾張国郡司百姓らが、国司である藤原元命(ふじわらのもとなが)の非法を31かに列挙して朝廷に訴えた文書翌年、元命は任された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おわりのくにぐんじひゃくせいらのげぶみ【尾張国郡司百姓等解文】
尾張国解文ともいう。988年(永延2)尾張国内の郡司や有力農民が国守藤原元命の在任中3年間の非法失政を朝廷に直訴した31ヵ条の告訴状。内容は,公出挙(くすいこ)や交易による課税の増加や郎等らを率いての乱暴,運送負担の強制,元命自身の私利追求など多岐にわたっている。10~11世紀は,国司の政治を告発したり直接襲撃を行う事件が各地で頻発していたが,当史料は10世紀末期の地方政治の実態を具体的に知る希少な価値をもっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

尾張国郡司百姓等解文
おわりのくにぐんじひゃくしょうらげぶみ
平安中期,尾張国の郡司・百姓らが国司の悪政を訴えた文書
988年,尾張国の郡司・百姓らは,国司藤原元命 (もとなが) の悪政に対して,31カ条にわたってそのようすを書き記して朝廷に訴え,元命の罷免を求めた。国司の腐敗を示す重要な史料。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾張国郡司百姓等解文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尾張国郡司百姓等解文の関連情報

関連キーワード

イブン・アンナディーム窒化マグネシウム上東門院デリー能因源頼義塩化カリウムハンガリー日野資業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation