@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尾形光琳【おがた】

美術人名辞典

尾形光琳
江戸前・中期画家工芸意匠家、琳派の大成者。京都生。宗謙の次男、乾山の兄。名は惟富・伊亮・方祝、幼名は市之丞、別号に道祟・寂明・長江軒等、道号を日受。狩野派山本素軒に学び、また本阿弥光悦・俵屋宗達に私淑してその作風復興を志し、装飾的で華麗な表現の世界を築く。晩年尾形乾山陶器の絵付も手がけ、工芸意匠にも優れた作品を残した。代表作に「燕子花図屏風」「紅白梅図屏風」「八橋蒔絵硯箱」などがある。享保元年(1716)歿、59才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

おがた‐こうりん〔をがたクワウリン〕【尾形光琳】
[1658~1716]江戸中期の画家・工芸意匠家。京都の人。名は惟富、通称、市之丞。乾山の兄。初め狩野派を学び、のち光悦宗達の作風の影響を受け、大胆で軽妙な画風により独自の造形美を展開、琳派を確立した。代表作に「燕子花(かきつばた)図屏風」「紅白梅図屏風」など。蒔絵(まきえ)にもすぐれた作品を残した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

尾形光琳 おがた-こうりん
1658-1716 江戸時代前期-中期の画家,工芸家。
万治(まんじ)元年生まれ。尾形宗謙の次男。尾形乾山の兄。狩野派山本素軒にまなぶ。本阿弥光悦(ほんあみ-こうえつ),俵屋宗達(たわらや-そうたつ),野々村仁清の遺風をうけて,装飾性にとむ光琳模様ともいえる独自の大和絵画風を確立。のち琳派とよばれる。蒔絵(まきえ),茶器,小袖の下絵などでも弟の乾山とともに活躍した。作品はほとんどが40歳以後にえがかれたと推定されている。正徳(しょうとく)6年6月2日死去。59歳。京都出身。名は惟富,伊亮,方祝。別号に澗声,寂明,長江軒,青々斎。代表作の屏風に「燕子花(かきつばた)図」「八橋図」「紅白梅図」,蒔絵に「八橋蒔絵螺鈿(らでん)硯箱」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おがたこうりん【尾形光琳】
1658‐1716(万治1‐享保1)
江戸中期の画家。名は惟富,通称は市之丞。35歳から用い始めた光琳のほか,方祝,積翠,澗声,道崇,青々,寂明などの別号がある。京都の高級呉服商雁金屋尾形宗謙の次男に生まれる。弟に尾形乾山がいる。1687年(貞享4)に没した父から,遺産のほぼ半分を譲渡されたが,放蕩生活のうちに使い果たし,39歳ころ画家として立つことを決意する。99年(元禄12)乾山は鳴滝に開窯,乾山焼として売り出すが,光琳はその絵付けを手伝う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尾形光琳
おがたこうりん
[生]万治1(1658).京都
[没]正徳6(1716).6.2. 京都
江戸時代中期の画家,工芸家。京都の富裕な呉服商の雁金屋尾形宗謙の次男。尾形乾山 (けんざん) は弟。名は惟富 (これとみ) ,のちに方祝 (まさとき) と改める。通称市之丞,34,35歳頃より光琳と称する。号は澗声,道崇,寂明など。初め狩野派の画技を学んだが,やがて俵屋宗達および宗達派の作品の真髄に触れ,多大な影響を受けながら独自の画風を大成。その絵は宗達画の豊かな装飾性を,卓越した造形感覚と鋭い自然観照眼とをもって新しく展開させたものといえよう。また彼の画面には家業の衣装模様の影響も見逃せない。二条家などの公家への出入りや,上層町衆との交遊など派手な生活をおくる反面,名門雁金屋が斜陽化するに及んで,経済的には必ずしも安定してはいなかった。このとき銀座方役人中村内蔵助 (くらのすけ) が多大の援助を与えた。また,江戸に下ったときには,酒井家,津軽家などの大名屋敷にも出入りしている。絵画のほか,光悦蒔絵の影響を受けて蒔絵の意匠を考案し,乾山の陶器の絵付けなどもしている。主要作品『燕子花 (かきつばた) 図屏風』 (国宝,根津美術館) ,『紅白梅図屏風』 (1701頃,国宝,MOA美術館) ,『中村内蔵助像』 (04,大和文華館) ,『草花図巻』 (05) ,『八橋蒔絵螺鈿硯箱』 (国宝,東京国立博物館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

尾形光琳
おがたこうりん
(1658―1716)

江戸中期の画家。京都の呉服商の老舗(しにせ)、雁金(かりがね)屋の次男に生まれる。父は尾形宗謙(そうけん)、弟に陶芸家として名高い乾山(けんざん)がいる。名は惟富(これとみ)、幼名を市之丞(いちのじょう)といい、34歳ごろから光琳と名のる。方祝(まさとき)、寂明(じゃくみょう)、道崇(どうすう)、澗声(かんせい)、伊亮(これすけ)、青々堂などの号を用いた。

 尾形家は桃山時代、道柏(どうはく)が本阿弥(ほんあみ)光悦の姉を妻に迎え本阿弥家と姻戚(いんせき)関係になり、また淀君(よどぎみ)、徳川秀忠(ひでただ)夫人らの呉服の御用を勤めて雁金屋全盛の基礎を築いた。由緒ある家系と経済的にも恵まれた環境に育った光琳は、幼いころから父と二条家に出入りし、能楽に興じる豊かな生活であった。地道な乾山とは対照的なはで好みの性格は、若い光琳を自由で遊蕩三昧(ゆうとうざんまい)の生活に駆り立てる。30歳で父の莫大(ばくだい)な遺産を継いだ彼は、数年でこれを使い果たし破局を迎えるが、本格的に画業を志したのはこのころとされている。絵は初め狩野(かのう)派の画家山本素軒(そけん)に学び、のちしだいに俵屋宗達(たわらやそうたつ)の絵画に傾倒し、その装飾画様式を新展開させて宗達光琳派(琳派)を大成させた。このような光琳の画家生活を支えた者として銀座役人、中村内蔵助(くらのすけ)の存在は大きい。彼は経済的に光琳を支援したばかりでなく、2人はさまざまな面で親しい間柄にあり、その交友関係は、内蔵助が貨幣改鋳に伴う罪を問われて流罪に処せられるまで続いた。

 光琳は1701年(元禄14)44歳で法橋(ほっきょう)になるが、彼の遺品はこれ以後没するまでの十数年間につくられたものがほとんどである。法橋になってまもないころの作とみられる『燕子花図屏風(かきつばたずびょうぶ)』(国宝・根津美術館)は、金地の上に対象を抽出し、簡潔な図案効果を強調した明快な意匠性を訴え、早い時期の光琳の作画をしのばせる。04年に描いた『中村内蔵助像』(大和(やまと)文華館)は光琳の珍しい肖像画であるが、観察の鋭さと写実描写の優れた筆技を物語る。この年、内蔵助は江戸に転勤するが、光琳も後を追うように下向し、数年間をこの地で過ごす。

 江戸在住期間の生活は、自ら述懐しているように、格式張った大名家に赴いて作画を強いられるなど、けっして快いものではなかったようであるが、この環境の変化は彼の絵画活動にまたとない転機を与える結果となった。これまでの意匠を中心とした造形性への強い志向にかわって、自然をとらえる目には豊かな叙情性が備わり、湿潤な筆が画面を支配する。この時期の作とみられる冬木小袖(こそで)(東京国立博物館)に描きつけた秋草図は、その可憐(かれん)な姿に憂愁が漂い、『つつじ図』(畠山(はたけやま)記念館)も溌墨(はつぼく)風の潤んだ筆が深い情緒を奏でる。そして『波濤図(はとうず)屏風』(メトロポリタン美術館)は、波高い幽暗な海景に当時の光琳自身の感情がよく表されている。1712年(正徳2)に京に帰着した光琳は、正徳(しょうとく)6年6月2日に59歳で没するまでの4年間を晩年の創作活動に傾ける。この時期の代表作『紅白梅図屏風』(国宝、MOA美術館)は、春の陽光を浴びて咲き誇る紅白の梅樹と、図案的な流水文とを同一画面にみごとに統合させたもので、光琳の画業の集大成をみることができる。

 このほかの遺品では、もと九条家の衝立(ついたて)であった『孔雀立葵図(くじゃくたちあおいず)屏風』、宗達の原画によった『風神雷神図屏風』(東京国立博物館)などが知られ、水墨画では『竹梅図屏風』(東京国立博物館)のほか、『維摩図(ゆいまず)』『蹴鞠布袋図(けまりほていず)』など軽妙な筆を生かした作品が多い。また工芸意匠の面にも優れた造形感覚を示し、「冬木小袖」のほか、八橋蒔絵螺鈿硯箱(やつはしまきえらでんすずりばこ)(東京国立博物館)、乾山焼の絵付(えつけ)の数々、さらに団扇(うちわ)、香包(こうづつみ)などにみごとなデザインを残している。また彼の子供(寿市郎)の養子先小西家に伝わった光琳資料一括のなかには、写生帖(ちょう)をはじめ、デッサン、下絵、工芸意匠の図案など重要な資料が多数含まれ、光琳芸術成立の裏面をうかがうことができて興味深い。

 光琳以後その画風を慕った画家は多く、なかでも深江蘆舟(ろしゅう)、立林何帛(たてばやしかげい)、酒井抱一らは名高い。彼らは江戸を中心に活躍し、琳派の伝統をこの地に定着させた。

[村重 寧]

『田中一松編『光琳』(1959・日本経済新聞社)』『山根有三著『小西家旧蔵光琳関係資料とその研究』(1962・中央公論美術出版)』『山根有三著『原色日本の美術14 宗達と光琳』(1969・小学館)』『河野元昭著『日本美術絵画全集17 尾形光琳』(1976・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おがた‐こうりん【尾形光琳】
江戸中期の画家、工芸家。乾山(けんざん)の兄。京都の人。絵を狩野派の山本素軒に学ぶ。光悦、宗達に私淑し、大胆、軽妙な画風により、近世装飾画の最高峰といわれる。また、蒔絵(まきえ)や陶器の下絵にも佳作を残した。「燕子花図屏風(かきつばたずびょうぶ)」「紅白梅図屏風」は、ともに国宝。万治元~享保元年(一六五八‐一七一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

尾形光琳
おがたこうりん
1658〜1716
江戸中期の画家・工芸家
京都の呉服商雁金屋 (かりがねや) 尾形宗謙の2男。父の遺産を消費したが,その作風には豪商の雄大な気風がうかがえる。初め狩野派を学び,のち俵屋宗達 (そうたつ) に私淑して豪快な装飾画風を大成し,琳派といわれた。工芸では本阿弥光悦に傾倒し,名作を残した。代表作に『紅白梅図屛風』『燕子花 (かきつばた) 図屛風』『八ツ橋蒔絵硯箱』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾形光琳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尾形光琳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation