@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尿膜【にょうまく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

尿膜
にょうまく
allantois
高等脊椎動物のいわゆる胎膜の一つ。の発生に際し,その後方腸管からこのが突き出て袋状に尿嚢ができる。爬虫類以上にみられるが,両生類魚類では発達が顕著でない。胚の排出物をためるが,呼吸器官としても働く。特に哺乳類では発達して漿尿膜となり,胎盤形成に役立ち,無数の絨毛を通じて母胎との間の栄養,排出,呼吸を司っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にょう‐まく〔ネウ‐〕【尿膜】
脊椎動物の羊膜類の発生でできる胚膜の一。尿嚢(にょのう)を形成する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にょうまく【尿膜 allantois】
脊椎動物羊膜類の発生過程で生じる胚膜のひとつ。胚の後部消化管が形成されるとまもなく,その腹側の壁の一部(内胚葉と内臓中胚葉)が,羊膜漿膜(しようまく)の間の中胚葉中に生じた腔所に急速に広がってできた薄い膜。袋状の尿囊となっても細い柄で胚の消化管につながっており,当初は胚の排泄機能にあずかる。爬虫類や鳥類では,その後漿膜と癒合して漿尿膜を形成し,その中胚葉部分に豊富な血管を発達させ,胚の呼吸をになうようになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

尿膜
にょうまく

脊椎(せきつい)動物の爬虫(はちゅう)類、鳥類、哺乳(ほにゅう)類の胚(はい)膜の一つで、尿嚢(のう)を形成する。胚の早い時期に、原腸管末端近くの腹側から球形に膨れ出した腸の一部が、羊膜と漿(しょう)膜の間の胚体外体腔(たいこう)に速やかに拡大し尿嚢となる。尿嚢の内側は内胚葉細胞、外側は中胚葉細胞からなる。鳥類や爬虫類では尿膜は卵殻膜に密着している漿膜と合して漿尿膜となり、多数の血管が配される。胚はここから卵殻を通して二酸化炭素を放出し酸素を取り込む。哺乳動物では漿尿膜は胎児性胎盤となり、子宮壁の母性胎盤と合し胎盤となって諸物質の交換にあたる。

[竹内重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にょう‐まく ネウ‥【尿膜】
〘名〙 高等脊椎動物の胎膜の一つ。尿嚢の膜で、哺乳類では発生が進むと漿膜(しょうまく)と合して漿尿膜となり、子宮壁とともに胎盤を形成。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尿膜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尿膜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation