@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

尿蛋白【にょうたんぱく】

妊娠・子育て用語辞典

にょうたんぱく【尿蛋白】
ふつう、たんぱく質成分は尿中には出ません。けれど妊娠中は血液や血液中のたんぱく質のも増えるため、それをろ過する腎臓にも負担がかかります。こうした理由から、妊娠中は尿中にたんぱくが出やすくなるのです。母子健康手帳(尿蛋白)には、問題なし(たんぱくは出ていない)なら(−)、たんぱくが出ている場合は程度によって(1+)(2+)となります。(1+)でもたんぱく量は微量ですし、妊娠にともなう生理的な変化といえますが、この状態が続く場合は妊娠高血圧症候群の始まりということもあるので、注意が必要です。

出典:母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にょう‐たんぱく〔ネウ‐〕【尿×蛋白】
尿に含まれるたんぱく質のこと。健康な人でも尿には微量のたんぱく質が含まれているが、一定量以上含まれる場合、腎臓や尿路障害が疑われる。
[補説]健康な人でも激しい運動や発熱時、起立時などに一時的に尿蛋白が増加することがあり(生理的蛋白尿)、病的な蛋白尿とは区別される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四訂版 病院で受ける検査がわかる本

尿蛋白

基準値

陰性(-)


腎臓や尿路が障害を受けると、尿中に蛋白が出現

おもに腎臓・尿路の異常を調べる検査です。尿蛋白は病気でなくても陽性になることがあるため、陽性の場合は再検査を行います。

腎臓や尿路に障害があると陽性に

 尿蛋白とは、尿の中に含まれている蛋白の総称で、おもにじん臓や尿路の機能を調べる検査です。

 血液中に含まれている各種の蛋白は、低分子蛋白を除くと、腎臓の糸球体から濾過ろかされることはありません。また、たとえ一部の蛋白が糸球体から濾過されても、尿細管で再吸収されます。

 したがって、尿中に蛋白が出現する場合は、糸球体や尿路の障害が考えられます。

健康な人でも陽性になることがある

 尿蛋白は、病気ではなくても尿中に出現することがあります。横に寝ているときは陰性なのに、立ち上がると陽性になることがあり、これを起立性蛋白尿といいます。これは、背骨が腎臓を刺激するためと考えられています。

 また、激しい運動をしたあと、たくさんの肉を食べたあと、何かに感動したあとなどに陽性になることもあり、これを生理的蛋白尿といいます。

尿は出始めと終わりを除いた中間尿を採取

 尿蛋白は、試験紙を使って簡単に調べることができます。検査当日の飲食は普通にとってかまいません。

 尿を採取するときは、以下の注意点を守ってください。

①尿は、出始めと終わりを除いた中間尿を採取します。とくに女性の場合、外陰部のよごれや腟の分泌物が混入することがあるため、厳守してください。

②雑菌が入らないように、採取用のコップの中には指を入れないようにしてください。

陽性のときは再検査

 最初の検査で、尿蛋白が陽性の場合は、測定方法の確認と偽陽性の可能性を検討し、異なる測定法で再検査を行います。

 1カ月以内に再検査を行い、依然として尿蛋白が検出された場合には、さらに詳細な検査を行って、適切な処置、治療を行う必要があります。

 尿蛋白が1日に150mg以上の場合を、病的蛋白尿と診断します。

 生理的蛋白尿の場合は、一過性、間欠的です。起立性蛋白尿が疑われる場合は、寝たまま採尿したり、寝ている状態から立ったときに採尿したりなどして検査を行います。

疑われるおもな病気などは

◆陽性→腎前性:骨髄腫、溶血性貧血、薬物の影響など

    腎性:糸球体疾患(糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症など)

    腎後性:尿路系の結石、腫瘍、炎症など

医師が使う一般用語
「にょうたんぱく」

出典:法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尿蛋白」の用語解説はコトバンクが提供しています。

尿蛋白の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation