@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

局面【キョクメン】

デジタル大辞泉

きょく‐めん【局面】
碁や将棋の盤面。また、勝負の形勢。
物事の、その時の状況・状態。「新しい局面を迎える」「重大な局面に立つ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きょくめん【局面】
碁・将棋などの盤の表面。また、その勝負の情勢・なりゆき。
物事の情勢・なりゆき。 -の打開をはかる 新しい-に差しかかる 重大な-を迎える 困難な-を乗り切る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょく‐めん【局面】
〘名〙
① 囲碁や将棋の盤面。また、そこで争われる勝負の形勢。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「人間の嗜好が、局面にあらはれるものとすれば、窮屈なる碁石の運命はせせこましい人間の性質を代表して居ると云っても差支ない」
② 物事のなりゆき。形勢。情勢。〔日誌必用御布令字引(1868)〕
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「新しい局面を二人の間に開いて行くにも」
③ ある、限られた方面。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉国民論派〈陸実〉「国民論派は、〈略〉政治一方の局面に向って運行するものにはあらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

局面の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation