@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

居然【キョゼン】

デジタル大辞泉

きょ‐ぜん【居然】
[ト・タル][文][形動タリ]座って動かないさま。じっとしているさま。
「―たる一宿儒を以て、朝野の重んずるところたり」〈露伴運命

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょ‐ぜん【居然】
〘形動タリ〙
① 安らかなさま。〔詩経‐大雅・生民〕
② すわって動かないさま。物に動じないさま。どっしりとしたさま。
※日本外史(1827)五「夫以一兵衛尉、而居然以天下之重自任」 〔史記‐始皇本紀〕
③ することがなく、退屈なさま。〔高適‐酬岑二十主簿秋夜見贈之作詩〕
④ いながらにして。そのまま。
※詩家推敲(1799)下「居然は自然といふが如し」 〔左思‐三都賦序〕
⑤ 突然。思いがけず。ゆくりなくも。
※凌雲集(814)久在外国晩年帰学、知旧零落已無其人、聊以述懐。簡山請益菅原五郎、桃李之報豈無壊〈林娑婆〉「忘筌無故友、傾盖有新期、欲平生事、居然涙不持」 〔駱賓王‐帝京篇〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

居然」の用語解説はコトバンクが提供しています。

居然の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation