@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

屈折望遠鏡【くっせつぼうえんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

屈折望遠鏡
くっせつぼうえんきょう
refracting telescope
ガリレオ・ガリレイが考案した,対物鏡レンズを使う望遠鏡アメリカ合衆国シカゴ大学のヤーキズ天文台にある世界最大級の屈折望遠鏡でも,口径はおよそ 1mしかない。収差の小さい大口径のレンズをつくるのが困難なためである。また,光がレンズを通るために,レンズの上下で支えるしかなく,口径が大きくなるほど望遠鏡そのものの製作も難しくなる。しかし,操作が簡単なので,中小望遠鏡には広く使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くっせつ‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【屈折望遠鏡】
対物鏡に凸レンズを使って光を集める形式の望遠鏡。ガリレイ式ケプラー式などがある。→反射望遠鏡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くっせつぼうえんきょう【屈折望遠鏡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くっせつぼうえんきょう【屈折望遠鏡】
対物鏡に凸レンズを用いる方式の望遠鏡。主に小口径の望遠鏡に用いられる。ガリレイ式・ケプラー式望遠鏡などがある。 → 反射望遠鏡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くっせつ‐ぼうえんきょう ‥バウヱンキャウ【屈折望遠鏡】
〘名〙 対物鏡にレンズを用いた望遠鏡。対物レンズで屈折させた像を接眼レンズで拡大する。反射望遠鏡に比べ、レンズによる色収差や光の吸収があること、光学的に等質なレンズの作製が困難なことなどから口径の大きいものは作れない。中・小型の天体望遠鏡に用いられる。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

屈折望遠鏡
くっせつぼうえんきょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屈折望遠鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屈折望遠鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation