@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

屈折矯正手術【クッセツキョウセイシュジュツ】

デジタル大辞泉

くっせつきょうせい‐しゅじゅつ〔クツセツケウセイ‐〕【屈折矯正手術】
手術によって屈折率を調整し、視力矯正をはかる治療法の総称レーザー角膜を削るレーシックや、眼球内に人工レンズを挿入する有水晶体眼内レンズなどの術式が知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーシック関連用語集

屈折矯正手術
角膜の形を変えたり、角膜に人口のレンズを加えることで、視力を変える手術のこと。手術によって、光の焦点網膜に届けることで、ものがはっきりと見える ように改善することが可能です。

出典:レーシックNET
copyright(C) レーシック・NET All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屈折矯正手術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屈折矯正手術の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation