@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

屋上【オクジョウ】

デジタル大辞泉

おく‐じょう〔ヲクジヤウ〕【屋上】
屋根の上。
ビルなどで、屋根にあたる所を平らにつくり、利用できるようにした場所。「屋上ビアガーデン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

屋上
建築物の最上部で、平面になっている部分の事。そのため、木造建築よりもコンクリート造や鉄骨造に多く見られ、空調機器や給水タンクの設置場所として使われているものが多い。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

屋上
おくじょう

建物の上。通常、屋根を水平につくり、あるいは屋根の上に水平な台をつくって物見、物干し、運動などに使えるようにした場所。屋根を水平につくる例は、オリエントやエジプトのように雨量の少ない地域にみられ、屋上を利用した例としてバビロンの空中庭園が知られている。積極的に屋上を使うようになったのは城郭建築で、中世のヨーロッパ建築に大きな影響を及ぼしている。近代には、防水技術の発達から水平な陸(ろく)屋根が広まり、日本でも大正ごろから事務所、学校、病院、集合住宅など多くの建物で陸屋根が普通になった。これらの屋上は、都市部では敷地が狭く運動のための場所がとれないので、休憩用に使われるだけでなく、体操や球技などの場所として使われることも多い。傾斜のある屋根に水平な台をつくる例には、日本では江戸時代の武家屋敷や町屋の棟(むね)の上につくられた火の見用の台、町屋の物干しや夕涼みの台などがある。

[平井 聖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おく‐じょう ヲクジャウ【屋上】
〘名〙 (古くは「おくしょう」)
① 屋根の上。
※和漢朗詠(1018頃)上「明々としてなほ在り 誰か月の光を屋上に追はむ〈紀長谷雄〉」 〔楚辞‐九歌・湘君〕
② 建物で、上の階。階上。
※本朝無題詩(1162‐64頃)三・月下言志〈藤原季綱〉「池中棹舶哥方発。屋上読書思更深」
③ ビルなどの屋根にあたる所につくった、人の出られる平らな所。
※丸善と三越(1920)〈寺田寅彦〉「五層楼の屋上に此の小楽園を設くる事を忘れなかった経営者に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屋上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屋上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation