@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

屋島の戦い【やしまのたたかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

屋島の戦い
やしまのたたかい
元暦2(1185)年2月19日に行なわれた讃岐屋島での源平合戦(→治承の内乱)。京都を逃れた平家討するため,摂津渡辺から暴風雨をおかして阿波椿浦に渡った源義経は,屋島に布陣する平家を襲いこれを破った。この戦いで平家の内海制圧は破れ,また那須与一を射る話や義経弓流しの話が生まれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やしま‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【屋島の戦い】
文治元年(1185)屋島で行われた源平の合戦一ノ谷の戦いに敗れて屋島に逃れた平氏は、この戦いで源義経らに再び敗れ、海上長門壇ノ浦に逃れた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やしまのたたかい【屋島の戦い】
谷の戦いに敗れて屋島に拠っていた平氏を、1185年二月、源義経の軍勢が急襲し、海上に追い落とした合戦。義経の弓流し、平景清の錏しころ引き、那須与一の扇の的などの逸話で名高い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

屋島の戦い
やしまのたたかい
1185年(文治1)2月、讃岐(さぬき)国屋島(高松市)で行われた源平の合戦。平氏一門は、1年前に一ノ谷の戦いで敗れはしたが、なお瀬戸内一帯の制海権を温存していた。そのため山陽道を進んだ源範頼(のりより)麾下(きか)の源氏軍に戦果乏しく、鎌倉の源頼朝(よりとも)は再度源義経(よしつね)を登用、敵の本営屋島を衝(つ)かせることとした。義経は2月18日未明、暴風に乗じて摂津渡辺(大阪市浪速(なにわ)区)を解纜(かいらん)、同日早朝阿波勝浦(あわかつうら)(徳島市)に上陸(発着日等に異説がある)、19日には一気に屋島を攻略した。21日平氏軍はいったん志度浦(しどうら)(香川県さぬき市)に退いたのち、海上を長門(ながと)に逃れた。これを契機として、熊野(くまの)、河野(こうの)などの有力水軍の参加を得た源氏軍は、平氏方より制海権を奪取、きたるべき壇ノ浦の海上決戦に備えることとなった。[杉橋隆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

屋島の戦い
やしまのたたかい
1185年,讃岐国屋島で行われた源平合戦
一の谷の戦いに敗れた平氏は屋島を本拠とし,瀬戸内海の海上権を握ったので,源義経が風波をおかして攻め,激戦の末,平氏を敗走させた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屋島の戦い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屋島の戦いの関連情報

関連キーワード

文治イサキウス2世奄美(市)安徳天皇安徳天皇イーゴリ軍記安徳天皇佐藤継信平清宗平忠房

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation