@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

屎尿【シニョウ】

デジタル大辞泉

し‐にょう〔‐ネウ〕【×屎尿】
大便と小便。「屎尿処理」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しにょう【屎尿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

屎尿
しにょう

糞尿(ふんにょう)(大便と尿)のことであるが、ここでは衛生学の立場で述べる。屎尿の排泄(はいせつ)量は1人1日1~1.5リットルであり、汲取(くみと)り屎尿の成分は、約97%の水分と約3%の固形成分からなり、固形分の約60%は有機成分である。また、屎尿には大量の微生物が含まれているため、屎尿の非衛生的な処理や不法投棄が、消化器系感染症や寄生虫病の原因、あるいは河川、地下水の汚染の原因となる。

 日本の屎尿処理は長い間農村還元による「農肥利用」を前提として成立していた。すなわち、第二次世界大戦直後までの屎尿は、日本の農業に必要な肥料として用いられ、都市において排出された屎尿も、そのほとんどが農村で利用されていたわけである。こうした事情から、日本においては、長いこと消化器系感染症や寄生虫病が高い罹患(りかん)率を示さなければならなかった。当時の屎尿処理問題は、農肥としての屎尿の安全化をいかに達成するかにかかっていたといえる。しかし、戦後の空白状態を脱却して、日本が急速に復興し始める昭和30年代になると、屎尿問題は従来とまったく異なる展開を示すこととなる。すなわち、都市への急激な人口の集中、都市の膨張、さらにはそれに伴う周辺農村の消滅のほか、化学肥料の普及などによって、増加する都市排出屎尿の農村還元は停滞をきたした。こうしたことから、屎尿処理問題は都市衛生の重大な課題として急速にクローズアップされてきた。

 日本の下水道処理人口普及率は、2005年度末で69.3%である。人口100万人以上の大都市では同普及率が98.7%に達しているのに比べ、人口5万人未満の中小市町村における同普及率は39.3%と、地域格差が著しい。下水道事業は都道府県が計画推進の主体となっており、過疎化が進む地方での屎尿処理にはなお課題が残っている。

[重田定義]

『財団法人厚生統計協会編・刊『国民衛生の動向』各年版』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐にょう ‥ネウ【屎尿】
〘名〙 大便と小便。排泄物。糞尿。
※今昔(1120頃か)三「其家に屎尿の穢(けがれ)を浄むる女有り。家の内、若干(そこばく)の人の屎尿を朝夕に運び浄めて年来(としごろ)を経たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屎尿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屎尿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation