@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【クズ】

デジタル大辞泉

くず〔くづ〕【×屑】
物のかけらや切れ端などで役に立たないもの。「糸」「裁ち
いい部分を取ったあとの残りかす。「米」「売れ残りの
役に立たない人のたとえ。「人間の
塵(ごみ)用法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せつ【屑】[漢字項目]
人名用漢字] [音]セツ(漢) [訓]くず
〈セツ〉細かい破片。くず。「玉屑砕屑
〈くず〉「屑糸屑籠(くずかご)紙屑木屑星屑
[名のり]きよ
[難読]大鋸屑(おがくず)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がず【屑】
〘名〙 良い所を取り去った残りかす。くず。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くず くづ【屑】
〘名〙
① ちぎれ砕けるなどして細片になった用に立たないもの。
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)一「然して後に豆の屑(クツ)を以てし」
② 良いものを取り去った残り。かす。またできのわるいもの。価値のないもの。
※洒落本・郭中掃除雑編(1777)「あれはおれが作の中のいっち、くずじゃが」
③ 役に立たない者。つまらない者。
※浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)三「石ぐるまにのってあだぼれするは、男のくづのくづもち」
④ あら。きず。欠点。
※評判記・赤烏帽子(1663)坂井掃部「座敷におゐて、くずおおし」
⑥ (鉋屑(かんなくず)が鉋の腹から出るところから) 子どものことを大工仲間でいう。〔新ぱん普請方おどけ替詞(1818‐30頃か)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation