@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

屛風【びょうぶ】

世界大百科事典 第2版

びょうぶ【屛風】
本来は風よけの家具で,室内の間仕切り,また絵画やさまざまな加飾によって室内装飾用などともなった。
[中国]
 漢代の字書釈名》が〈以て風を屛障す可し〉というように,そもそも屛風は床(しよう)の後ろに置く風よけの家具であった。当時の家屋構造は,後世のように壁による間仕切りがきちっとなされていなかった。〈屛風〉の語が熟するのは漢代からで,それ以前は〈斧扆ふい)〉〈斧依〉が屛風にあたる。屛風の面に斧文が繡されていて,これによりかかるものであったので斧扆と呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

屛風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屛風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation