@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

層流【そうりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

層流
そうりゅう
laminar flow
流れの中で,流体の各部分が互いに混り合うことなく流れるものをいう。粘性作用が大きいとき,すなわち流れのレイノルズ数が比較的低いときは,流れは層流の状態に保たれるが,レイノルズ数がある臨界値をこえると,流れは不安になり,流体の各部分が乱雑に混り合う乱流に移行する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐りゅう〔‐リウ〕【層流】
低速で流れる粘性の流体にみられる層状をなす流れ。流線が規則正しい形をしている。→乱流

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

層流
 粘性流粘性流動ともいう.粘度のあるが比較的細い管の中を流れるとき,早く流れる部分と遅く流れる部分が複数の層をなす場合がある.この現象

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうりゅう【層流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

層流
そうりゅう

一様な水の流れの中に円柱を置いてみる。流速が小さいと、水は物体を迂回(うかい)しつつ一様なまま定常的に流れていく。このとき水の流線は交わらない。このような流れを層流という。流速をあげていくと、物体の後ろ(下流)側に流線の閉じた渦が発生するようになる。さらに流速をあげると、発生した渦は円柱からはがれて、全体の流れに沿って下流側へ流されていくようになる。この状態を乱流の発生とよぶ。しかし、円柱からすこし離れたところでは流れは定常的で、流線は規則正しい形をしており層流の状態を保っている。乱流が発生すると物体への抵抗が大きくなる。したがって、船や飛行機は乱流が発生しにくいように設計されており、それを流線形とよぶ。魚を上から見ると流線形であることがよくわかる。

[池内 了]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐りゅう ‥リウ【層流】
〘名〙 流れに与えられた乱れが減衰する場合に、この流れをいう。流体粒子はほぼ層状に流れる場合が多いところからこの名がある。〔航空工学便覧(1940)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

層流
ソウリュウ
laminar flow, viscous flow

液体が固体壁に接して流れている場合,そのレイノルズ数臨界レイノルズ数以下であると,たとえ最初流体内に乱れがあってもこれが流体の粘性のために衰して,流れに直角方向にはもちろん,流れの方向にも乱れをもたない整然とした層状の流れになる.これを層流という.層流の特徴は,流体の分子としての乱れ運動(熱運動)はあっても,集団としての乱れ運動のないことである.管壁のごく近傍では,臨界レイノルズ数以上であっても薄い層流層が存在し,これを層流底層または境膜という.層流は粘性力が慣性力よりも支配的な場合の現象であるので,流体と流体または固体との間の抗力は,相対速度粘性係数に比例して流体密度には無関係になる.その例がポアズイユの式,ストークスの式である.[別用語参照]ポアズイユの法則ストークスの法則粘度

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

層流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

層流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation