@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

層群【そうぐん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

層群
そうぐん
group
を岩相単位で区分する場合に用いられる単位で、層(累層)より一段階上のもの。通例、複数の累層を寄せ集めたもので、上限、下限を不整合で境された地層群に対して用いられることが多い。命名する場合は、模式的に分布する地名をつけて、たとえば三宝山(さんぼうさん)層群というようによぶ。層群と累層の中間の単位として亜層群を用いることがある。また層群を複数寄せ集めたものを累層群(超層群)とよぶ。[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐ぐん【層群】
〘名〙 地層区分の一つ。累層が二つ以上集まったものをいう。一般に一つの堆積(たいせき)盆地内に堆積した地層群全体を代表する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

層群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

層群の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation