@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

履中天皇【りちゅうてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

履中天皇
りちゅうてんのう
第17代に数えられる天皇。名はオオエノイザホワケノミコト。仁徳天皇の第1皇子。母は皇后イワノヒメノミコト。『日本書紀』によれば,仁徳天皇の死後,皇位を望む同母弟の住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)に難波宮を囲まれたが,平群木菟(へぐりのつく)らと河内に逃れ,その後大和の石上神宮に入って,弟の瑞歯別王(みずはわけのみこ。→反正天皇)に仲皇子を殺させ,磐余稚桜宮(いわれのわかさくらのみや。→磐余)に即位した。草香幡梭皇女(くさかのはたひのおうじょ)を皇后とした。陵墓は履中天皇陵,ミサンザイ古墳とも呼ばれる,大阪府堺市百舌鳥にある百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)で,2019年世界遺産の文化遺産に登録。(→倭の五王

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りちゅう‐てんのう〔‐テンワウ〕【履中天皇】
記紀で、第17代の天皇。仁徳天皇の第1皇子。名は去来穂別(いざほわけ)。倭の五王の一人、定するがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

履中天皇 りちゅうてんのう
記・紀系譜による第17代天皇。在位は5世紀前半ごろ。
父は仁徳天皇。母は磐之媛命(いわのひめのみこと)。都は磐余(いわれ)の稚桜(わかさくらの)宮。「日本書紀」によると,はじめて諸国国史(ふみひと)(書記官)をおいて,国内の情勢を報告させたという。「宋書国伝の倭王讃(さん)とする説もある。履中天皇6年3月15日死去。70歳。墓所は百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)(大阪府堺市)。別名は去来穂別天皇(いざほわけのすめらみこと)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

りちゅうてんのう【履中天皇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りちゅうてんのう【履中天皇】
記紀で、第一七代天皇去来穂別尊いざほわけのみことの漢風諡号しごう。仁徳天皇第一皇子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

履中天皇
りちゅうてんのう
生没年不詳。5世紀中葉の天皇。記紀では第17代に数えられる。ただし『日本書紀』には在位6年で稚桜宮(わかさくらのみや)に崩ずと記す。去来穂別(いざほわけ)(伊邪本和気)天皇(命(みこと))ともいう。仁徳(にんとく)天皇の皇子で、母は磐之媛(いわのひめ)とする。『宋書(そうじょ)』にみえる倭王讃(わおうさん)を履中天皇とみなす説がある。墓は百舌鳥(もず)耳原陵と伝える。現在履中天皇陵とみなされている古墳(堺(さかい)市石津ヶ丘町)は、全長365メートルの前方後円墳である。[上田正昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りちゅう‐てんのう ‥テンワウ【履中天皇】
第一七代天皇。名は去来穂別(いざほわけ)。仁徳天皇の皇子。母は磐之媛命(いわのひめのみこと)。初めて諸国に国史(ふみひと)を置き、四方の志(ふみ)(=国内情勢に関する報告書)を編纂させ、また、蔵職(くらのつかさ)を建て、蔵部(くらひとべ)を定めたという。倭の五王の一人に比定されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

履中天皇
りちゅうてんのう
生没年不詳
5世紀前期の天皇
仁徳天皇の皇子。反正・允恭両天皇の同母兄。名は去来穂別尊 (いざほわけのみこと) 。『宋書』倭国伝の倭王讃 (さん) に比定する説がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

履中天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

履中天皇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation