@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

履行期【りこうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

履行期
りこうき
Leistungszeit
者が履行をしなければならない時期。弁済期ともいう。当事者間の契約で決められるのが普通であるが,取引の慣習や法律の規定で定められることもある。不法行為債務不履行による損害賠償債務などは成立時が同時に履行期である。普通,履行期は,たとえば何年何月何日というように確定期限により定められるが,不確定期限により定められる場合や,期限の定めがない場合 (この場合は常に履行期にあるといえる) もある。履行期は原則として債務者の利益のために定められる (民法 136) 。履行期を過しても履行がされないと履行遅滞となるのが原則であり,特に定期債務は履行期を過ぎて履行がなければただちに解除ができる (542条) 。また,履行期到来以後は債権 (務) の消滅時効が進行しはじめる。さらに相殺適状同時履行の抗弁権は,いずれも履行期の到来以後に成立する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りこうき【履行期】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

履行期」の用語解説はコトバンクが提供しています。

履行期の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation