@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

屯/党【タムラ】

デジタル大辞泉

たむら【屯/党】
たむろ1」に同じ。
人皆―有り」〈推古紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たむろ【屯】
仲間や同じ職業の人々などが寄り集まっていること。また、その集団・場所。
明治時代、特に巡査の詰めている所。駐在所。
「―へ訴えて出るがいい」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トン【屯/×噸/×瓲】
質量の単位。記号t。
メートル法で、1トンは1000キログラム。仏トン。グラムトン。メートルトン。
㋑英トン。ヤードポンド法で、1トンは2240ポンド、すなわち約1016キログラム。ロングトン。大トン。
㋒米トン。ヤードポンド法で、1トンは2000ポンド、すなわち907.18キログラム。ショートトン。
船舶の大きさを質量や容積で表す単位。排水トン数載貨重量トン数総トン数純トン数容積トン数など。
[補説]「瓲」は国字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とん【屯】[漢字項目]
常用漢字] [音]トン(漢) [訓]たむろ
多くの人が群がり集まる。たむろする。「屯営屯所駐屯
[名のり]みつ・むら・より
[難読]屯倉(みやけ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たむろ【屯】
仲間の集まるところ。また、ある種の人人の集団。 五人七人十人一組の大-もあれば/たけくらべ 一葉
明治時代、巡査の詰めている所。駐在所。 -へ訴へて出るがいい/未来の夢 逍遥
兵の群れ。軍隊。陣営。 み-のいくさ=三軍に令のりごとして/日本書紀 神功訓たむろする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たむろ【屯】
〘名〙
① 軍兵の群れ。集合した兵士。軍隊。部隊。また、それがいる場所。軍兵の駐屯する所。陣処。陣営。
※書紀(720)神功即位前(北野本)「皇后(きさいのみや)〈略〉三軍(みタムロのいくさ)に令(のりこ)ちて曰(のたま)はく」
※太平記(14C後)三八「敵国に赴て陣を張り旅(タムロ)を調へて、単于と戦を決せんとしけるに」
② 仲間やある職業の者の集団。また、仲間がいつも多く集まる所。ある職業の者が詰める所。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「奴等が屯(タムロ)のその場所は」
③ 特に明治時代、巡査がいつも詰めている所。警察署。駐在所。
※歌舞伎・繰返開花婦見月(三人片輪)(1874)序幕「おめえが屯(タムロ)へ此男を連れていかうという訳を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅん【屯】
〘名〙 易の六十四卦の一つ。。上卦は坎(かん)(水)、下卦は震(雷)。下卦の雷は下にあってまだのぼらず、上卦の雨は上にあってまだ降らず、行動を起こして険難に遇うことを表わす。水雷屯ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とん【屯】
〘名〙 綿の重さをはかる単位。中国では六両、日本では二斤を一屯とする。古訓は「もじ」。
※令義解(718)賦役「糸八両。綿一斤。布二丈六尺。並二丁成絇屯端。〈謂。糸十六両曰絇也。綿二斤曰屯也〉」 〔通典‐食貨典・賦税下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とん‐・す【屯】
[1] 〘自サ変〙 ある場所に寄り集まる。たむろする。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「斉武国都回復の吉報を得たりしかば今境上に屯せり」
[2] 〘他サ変〙 多くの兵士をある場所に集める。また、集めて守る。
※駿台雑話(1732)四「遂に兵を(トンシ)て曠日することをきかず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みせ【屯】
〘名〙 古く、重さの単位の一つ。一屯は二斤(はかり)。絹(きぬ)、綿(わた)の計量の単位として用いた。
※書紀(720)天武九年一〇月(北野本訓)「綿四屯(ミセ)、布六端」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屯/党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

屯/党の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation