@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山の神【やまのかみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山の神
やまのかみ
山を支配し領有する神。農民田の神と結びつけて考え,山で働く人々は山を司る神と考えるなど,その内容は種々ある。 (1) 山そのものの姿態および山をめぐる自然現象に神秘性を感じて,それを神霊の力なり意志の現れとして神聖視する山岳信仰上の山霊。高山,秀峰に固有の神で世界的に分布するが,日本では火山系,神奈備 (かんなび) 系,水分 (みくまり) 系と山容によって分離される。 (2) 人間が山に働きかけて,その体験から信仰対象となった山の神。春に芽を出し秋に実を結び,永遠に山の幸を授けてくれるものを山の大地母神と考えた。多くは女神として信仰する。日本で山の神を女神,姥 (うば) 神,夫婦神とするのもそれである。 (3) 狩猟民の信仰する山の神。山を領有する神とされ,日本では山の神に狩猟を許可されたという伝説をもつ狩猟集団がある。 (4) 平地農民の信仰する山の神。古代より山を死者の霊の休まるところとし,死者の霊が時を経るにつれて祖先神となり,山頂にしずまって子孫を守護するとする信仰で,日本に特徴的に認められる。農耕の開始される春に山から迎えた山の神は田の神となって五穀の生育を見守り,収穫後には再び田から山へ帰って山の神となるとされる。そのほか,山の神信仰には山で生産に従事する炭焼き,きこり,木地屋,鉱山業者などの奉じる神があり,複雑な信仰内容を伝えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

山の神
箱根駅伝の山登り区間の5区で、並外れた走力を見せた選手の異名。2005年から3年連続で区間記録を更新して区間賞を獲得した順大の今井正人選手の活躍をたたえ、メディアが名付けたのが最初。現在の区間記録保持者で、09年から3年連続で区間賞を獲得している東洋大4年の柏原竜二選手(福島県いわき市出身)は「新・山の神」と呼ばれる。
(2011-06-06 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

やま‐の‐かみ【山の神】
山を守り、支配する神。多く、女性神として信仰され、農民・狩猟民・鉱業者などに祭られる。→田の神
妻のこと。特に、結婚してから何年もたち、口やかましくなった妻。
カジカ科の淡水魚。頭部が縦扁し、体色は黄褐色で暗色の横帯が5本あり、産卵期にはしりびれなどが赤色になる。晩秋に川を下って産卵、稚魚は翌年4、5月ごろ川を上る。2年めには16センチくらいになる。食用で、中国では松江鱸魚(しょうこうろぎょ)といい珍重される。日本では有明海付近の川に生息

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまのかみ【山の神】
日本列島は海洋に囲まれながら,陸地面積大部分山地によって占められている。その山地は水の源であるほか,植物,動物,鉱物などの生活資源となるものを豊富に提供し,その恩恵によって多くの人々が独自の文化を生み出してきた。反面,山は出水風雪雷電による災害の原因をつくり出し,ときには火山の噴火にともなって人間生活を根底から破壊しつくすこともある。山は人間に対して,正ととの両面の働きかけをすることにより,恩頼畏怖観念を同時に併存させた神秘的な存在であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまのかみ【山の神】
山を支配する神。粢しとぎやお神酒・虎魚おこぜなどを供えてまつる。神の性格や祭日・まつり方などは、地方やまつる人々によって異なる。農家では春秋に田の神と交替するという。
俗に、頭の上がらなくなった自分の妻のこと。特に、口やかましくなった妻をいう。
カサゴ目の淡水魚。全長15センチメートルほど。体形はカジカに似る。体色は茶褐色で、鱗うろこはない。食用。中国・朝鮮に分布し、日本には筑後川付近にだけ生息。タチャ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山の神
やまのかみ
山を支配する神。全国にみられる民間信仰で、多くの土地では山の神は女神だという。しかし男神という所もあり、また夫婦(めおと)神としている例もある。山の神を女神としている地方では、この神は容貌(ようぼう)がよくないので嫉妬(しっと)深く、女人が山に入るのを好まないという。山の神信仰については、山仕事をする木こり、炭焼き、狩人(かりゅうど)などと、農作をする人々との間では多少の違いがある。農民の信ずる山の神は、春先山から下り田の神となって田畑の仕事を助け、秋の収穫が終わると山へ帰り山の神となるという。山仕事をする人々は、山の神が田の神になるというようなことはいわない。
 山の神の祭日には山へ入ってはならぬという。この日山の神は山の木を数えるとか、木を植えるとかいう。祭りは7日、9日、12日などまちまちであるが、東北地方では多く12日で、山の神を十二様とよんでいる。十二様は女神で1年に12人の子を生むという。これにちなんで山の神の祭りには12個の餅(もち)を供える。山の神は祭りに女子が参加することを好まないという。津軽地方では山小屋に12人の者が入るのを嫌ったり、物をそろえる場合など12という数を避けるようにしている。山の神への供物(くもつ)は全国を通じて粢(しとぎ)、餅などがあるが、とくに神の好むものとして海オコゼという魚がある。山の神への供物を女が食べると気の荒い子が生まれるといわれている。神奈川県から山梨県へかけて正月21日の行事に、山の神の冠(かんむり)落としといって、篠竹(しのだけ)で弓矢をつくり山の神に供える。この日山の神が狩りをする。神は冠の落ちるのもかまわず弓を射るので、その矢に当たるかもしれず危険で山へは行けぬという。九州博多(はかた)地方では、旧暦12月24日を山の神の洗濯日といい、その日はやはり山へ入るのを遠慮するという。[大藤時彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山の神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山の神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation