@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山ノ内【やまノうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山ノ内
やまノうち
神奈川県南東部,鎌倉市中部の地区。鎌倉の中心市街とは巨福呂坂にへだてられ,落ち着いた古都風情を色濃く残す。鎌倉時代の初期には府外であったが,北条氏に実権が移ってから建長寺円覚寺が建立され,鎌倉の北境となった。室町時代には関東管領上杉氏が屋敷構え,山内上杉氏と呼ばれた。 1927年国鉄横須賀線の北鎌倉駅が開設され,鎌倉の北の入口として観光客でにぎわうようになった。数多くの史跡名勝国宝がみられる。建長寺は鎌倉五山の1位で,七堂伽藍がそろい庭園もみごと。円覚寺は同じく2位で,舎利殿は禅宗建築の典型道場としても名高い。ほかに同4位の浄智寺,女人救済の駆込寺として知られる東慶寺アジサイの名所明月院などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまのうち【山ノ内】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまのうち【山ノ内】
長野県北東部、下高井郡の町。山内温泉郷や志賀高原があり、上信越高原国立公園に属する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまのうち【山ノ内】
[一] 神奈川県鎌倉市の地名。円覚寺・建長寺・東慶寺などがある。
[二] 長野県北東部の地名。志賀高原、山ノ内温泉郷がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山ノ内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山ノ内の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation