@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山上宗二【ヤマノウエソウジ】

デジタル大辞泉

やまのうえ‐そうじ〔やまのうへ‐〕【山上宗二】
[1544~1590]安土桃山時代人。の人。薩摩屋と号する商人で、千利休に茶を学び、豊臣秀吉に仕えた。のちに放逐され、諸国流浪ののち小田原ので再び秀吉と対面したが、不興をかい処刑されたと伝える。茶の湯秘伝書「山上宗二記」は茶道史の基本史料。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山上宗二 やまのうえ-そうじ
1544-1590 織豊時代の茶人。
天文(てんぶん)13年生まれ。千利休の高弟。豊臣秀吉の茶頭(さどう)となるが,機嫌をそこねて浪人し各地を流浪。秀吉の小田原攻めの際,利休のとりなしでゆるされるが,ふたたび怒りにふれ天正(てんしょう)18年4月11日(一説に2月27日)殺された。47歳。号は瓢庵。屋号は薩摩(さつま)屋。著作に「山上宗二記」。
【格言など】上を麤相(そそう),下を律義に信あるべし(「山上宗二記」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまのうえのそうじ【山上宗二】
1544‐90(天文13‐天正18)
安土桃山時代の茶匠。千利休の高弟。堺の山上(やまのうえ)に住んでいたためこれをとした。屋号は薩摩屋。号は瓢庵。織田信長より李安忠の唐絵《瘦馬絵(やせうまのえ)》を賜与されているので,信長に参仕していたらしいことがわかる。豊臣秀吉から堺衆茶匠として召されたが,生来狷介(けんかい)な性情により秀吉に逆らい,不興を買って浪人した。一時,前田利家を頼って加賀に召されたが,やがて浪人,高野山に登るなど流浪ののち,1588年(天正16)東国に下り小田原北条氏を頼った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山上宗二
やまのうえのそうじ
(1544―1590)

安土(あづち)桃山時代の茶人。千利休(せんのりきゅう)の高弟。屋号薩摩(さつま)屋、瓢庵(ひょうあん)と号す。苗字(みょうじ)・庵(あん)号から推測するに、堺(さかい)に多い前方後円墳上に住んだものか。利休に師事すること二十余年、のち利休と同じく豊臣(とよとみ)秀吉の茶頭(さどう)となるが、勘気をこうむり放逐され、浪々の身となる。その後、小田原城主北条(ほうじょう)氏のもとに身を寄せたが、これには北条氏の家臣板部岡(いたべおか)融成(号江雪斎(こうせつさい))の尽力に負うところが大きかったようである。1590年(天正18)、秀吉の小田原征伐の際、利休のとりなしで秀吉の小田原陣に参向したが、またまた直言して怒りを買い、耳鼻をそがれたうえ、殺された(『長闇堂記』)。『山上宗二記』(一本)の付箋(ふせん)に所見する「天正(てんしょう)十六年、宗二四十五歳」との記事に従えば、享年は47歳であったことになる。茶の湯に関して一家言をもち、浪々の間に著した『山上宗二記』は、先の江雪斎あてのものをはじめ数種があり、伝授相手によって内容に多少差があるが、茶の湯の歴史、各種名物道具の由緒、茶湯者の要件、茶人伝、あるいは武野紹鴎(たけのじょうおう)、利休についての記述を含み、当代の茶の湯に関する貴重な文献となっている。

[村井康彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまのうえ‐の‐そうじ【山上宗二】
室町末期・安土桃山時代の茶人。号は瓢庵。堺の人。利休に茶を学び、秀吉に仕えて茶頭を務めた。晩年は北条氏の客分となって関東に茶湯を広めた。著「山上宗二記」。天文一三~天正一八年(一五四四‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山上宗二」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山上宗二の関連情報

関連キーワード

狩野永徳ウルバヌス7世シェークスピア徳川家康如春尼石母田城大多喜城勝浦城

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation