@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山上憶良【やまのうえのおくら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山上憶良
やまのうえのおくら
[生]斉明6(660).百済?
[没]天平5(733)頃
奈良時代の万葉歌人。文武5 (701) 年遣唐少録として名を記録されたのが『続日本紀』の初出で,このとき 42歳で無位であった。霊亀2 (716) 年伯耆守,養老5 (721) 年東宮 (のちの聖武天皇) 侍講となり,この頃『類聚歌林』を編纂したとされる。神亀2 (725) 年頃筑前守となり,同じ頃大宰帥となった大伴旅人らとともに盛んな作歌活動をし,いわゆる筑紫歌壇を形成した。『万葉集』には長歌約 10首,短歌約 50~80首,旋頭歌1首があるが,彼の作とする歌の範囲については説が分れている。ほかに漢詩2首,漢文数編が収められている。『貧窮問答歌』に代表される社会や人生の問題を題材とした,思想性に富んだ歌が特色。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまのうえ‐の‐おくら〔やまのうへ‐〕【山上憶良】
[660~733ころ]奈良前期の官人歌人。大宝2年(702)渡唐し、帰国後、伯耆守(ほうきのかみ)・東宮侍講・筑前守を歴任。思想性・社会性をもつ歌を詠んだ。万葉集長歌短歌旋頭歌(せどうか)漢詩文がある。歌集類聚歌林」の編者。作「貧窮問答歌」「子等を思ふ歌」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山上憶良 やまのうえの-おくら
660-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏,歌人。
斉明天皇6年生まれ。大宝(たいほう)2年遣唐(けんとう)少録として唐(中国)にわたる。帰国後伯耆守(ほうきのかみ),東宮侍講をへて筑前守(ちくぜんのかみ)となり,大宰府で大伴旅人(おおともの-たびと)らとまじわった。「万葉集」に長歌,短歌,旋頭歌(せどうか),漢詩文があり,「貧窮問答歌」は有名。天平(てんぴょう)5年(733)ごろ没したという。編著に「類聚歌林(るいじゅかりん)」。
【格言など】銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に及(し)かめやも(「万葉集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまのうえのおくら【山上憶良】
660‐733(斉明6‐天平5)
万葉歌人。701年(大宝1)遣唐少録,714年(和銅7)従五位下,716年(霊亀2)伯耆守,721年(養老5)東宮(のちの聖武天皇)の侍講となり,726年(神亀3)ころ筑前守赴任,732年(天平4)帰京して翌年卒したらしい。壮年時には,詩人川島皇子や歌人柿本人麻呂,長意吉麻呂(ながのおきまろ)らとの交友があったかと思われ,のちに東宮や左大臣長屋王家の七夕宴での晴の献詠者となったが,晩年の筑前守時代には風流の大宰帥大伴旅人(たびと)を迎えて,〈筑紫歌壇〉とも称すべき新風の文雅の交わりの中で世間(よのなか)を主題とする秀作を数多く詠んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまのうえのおくら【山上憶良】
660~733頃) 奈良前期の官人・歌人。遣唐少録として渡唐。帰国後伯耆守・東宮侍講・筑前守を歴任。筑前守時代に大伴旅人と親交。漢文学の学殖深く、その影響下に人生的・社会的題材の歌を詠んだ。万葉集に多くの歌を残す。家集「類聚歌林」は伝わらない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまのうえ‐の‐おくら【山上憶良】
奈良時代の万葉歌人。遣唐少録として入唐。伯耆守、東宮侍講、のち筑前守。筑前守時代に大宰帥大伴旅人と交わりを結び、儒教・仏教・老荘などに強く影響を受けた、思想性の濃い主題の歌(「貧窮問答歌」など)を作った。他に漢詩、漢文、「類聚歌林」の編著がある。斉明天皇六~天平五年頃(六六〇‐七三三頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山上憶良」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山上憶良の関連情報

関連キーワード

義慈王百済(くだら 朝鮮)地球の深部百済義慈王エクストロイドCVT鬼室福信豊璋王漏刻メイズ

他サービスで検索

「山上憶良」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation