@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山上【サンジョウ】

デジタル大辞泉

さん‐じょう〔‐ジヤウ〕【山上】

山の上。山頂。
山に登ること。登山。
「この尉(じょう)こそ―する者にて候へ」〈謡・女郎花
比叡山延暦寺のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまのうえ〔やまのうへ〕【山上】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐じょう ‥ジャウ【山上】
[1] 〘名〙
① 山のいただき。山のうえ。また、山のなか。
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「山上(サンジャウ)無双の伊岡(これをか)の板と申す巫女をめされて」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)立石寺「麓の坊に宿かり置て、山上の堂にのぼる」 〔易経‐蹇卦〕
② (━する) 山に登ること。やまのぼり。登山。《季・夏》
※光悦本謡曲・女郎花(1505頃)「『八幡宮へ参らず候ふ』『此尉こそ、山上する者にて候へ、八幡への御道しるべ申し候ふべし』」
※浮世草子・世間娘容気(1717)六「行者講の中間へ入大勢づれにて山上(サンジャウ)をしけるに」
[2] (「山」は比叡山のこと) 比叡山の延暦寺をいう。
※中右記‐天永二年(1111)七月二二日「阿闍梨仁誉〈故行宗朝臣子也〉依院宣追却山上

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐あがり【山上】
〘名〙
① 村の困窮者が野山にはいって小屋をかけ、耕作したり薪を売ったりして生計をたて直すこと。また、その制度。
② 長崎県の対馬で、墓地の近くに喪屋をつくり遺族がこもること。
③ 岡山県の真鍋島で、月経中の女性が忌小屋にはいること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐あげ【山上】
〘名〙 疱瘡(ほうそう)の最も危険な時期を過ぎること。〔世話用文章(1692)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまのうえ やまのうへ【山上】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation