@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山中(さんちゅう)和紙

デジタル大辞泉プラス

山中(さんちゅう)和紙
岐阜県飛騨市河合町で生産される和紙原料コウゾ。製造の起源は古く、鎌倉時代に遡るとされる。「山中」の名は、飛騨紙の中でも特に山奥で生産されていたことによるといわれている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

山中和紙[紙工芸・和紙]
さんちゅうわし
東海地方、岐阜県の地域ブランド。
飛騨市で製作されている。飛騨の豪雪地で始まったこの紙漉きは、およそ800年前にこうぞの雪ざらしという独特の手法でつくられ始めた。冷たい水や雪のなかでをさらして自然漂白させる。薄白・長高紙・丈高紙・端不切・傘紙などの種類がある。岐阜県郷土工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山中(さんちゅう)和紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山中(さんちゅう)和紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation