@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山中幸盛【やまなかゆきもり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山中幸盛
やまなかゆきもり
[生]天文9(1540).出雲
[没]天正6(1578).7.17. 備中
戦国時代の武将。亀井を姓ともする。通称は初め甚次郎 (じんじろう) ,のち鹿之助,鹿之介,鹿介とも記されるが,自署はいずれも鹿介と記された。満幸の子。永禄3 (1560) 年家督を継ぎ,尼子義久に仕え,伯耆尾高城を攻め落し勇名をはせた。同9年尼子氏が毛利氏に敗れて降伏したが,幸盛は尼子氏再興に力を尽し,豊臣秀吉に支援を求め,その中国征伐に従軍し,播磨上月城に拠って毛利氏に対抗した。しかし天正6 (78) 年落城して捕えられ,毛利方へ送られる途中,備中高梁川合ので殺害された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山中幸盛 やまなか-ゆきもり
?-1578 戦国-織豊時代の武将。
尼子勝久をたてて主家再興をはかる。一時は出雲(いずも)(島根県)の大半を奪回するが,毛利氏の反撃にあい敗退。のち羽柴(豊臣)秀吉の中国攻めにくわわり,播磨(はりま)上月(こうづき)城をまもるが,ふたたび敗れて捕らえられ,天正(てんしょう)6年7月17日護送中に殺された。尼子十勇士の首領として後世人気をあつめた。通称は鹿介(しかのすけ)。
【格言など】願わくは我に七難八苦を与え給え(「陰徳太平記」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山中幸盛
やまなかゆきもり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山中幸盛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山中幸盛の関連情報

関連キーワード

クロムウェルチェリーニトレバー=ローパー産業革命フマーユーンフロリスマニエリスム韓国の自転車普及状況万松寺足利義栄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation