@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山中鹿之助【ヤマナカシカノスケ】

デジタル大辞泉

やまなか‐しかのすけ【山中鹿之助】
[1545~1578]戦国時代武将出雲の人。本名、幸盛(ゆきもり)。尼子氏に仕えて毛利氏戦い主君の降服後も尼子十勇士とともに主家再興奔走織田信長を頼り、豊臣秀吉に従って中国征伐に出陣したが、毛利軍に捕らえられて殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまなか‐しかのすけ【山中鹿之助】
室町後期の武将。本名幸盛、通称甚次郎。尼子氏に仕え、尼子氏が毛利氏に降伏した後も主家の再興に奔走した。秀吉の中国経略に従って上月城を落としたが、毛利氏に攻略され、捕えられて、殺されたといわれる。天正六年(一五七八)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山中鹿之助
やまなかしかのすけ
?〜1578
戦国末期の武将
本名は幸盛 (ゆきもり) 。尼子氏の。1566年尼子氏が毛利氏に降伏した後も主家の再興に尽力。'77年豊臣秀吉の中国征伐に従い,尼子勝久らと播磨上月城を守ったが毛利軍に敗れて捕らえられ,のち殺された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山中鹿之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山中鹿之助の関連情報

関連キーワード

チェリーニ丸山城ハサン・イ・ルームルーアビス朝安土桃山時代(年表)ルートウィヒ川越城トリエント公会議ファルネーゼ植物園

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation