@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山代巴【やましろともえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山代巴
やましろともえ
[生]1912.6.8. 広島,栗生
[没]2004.11.7. 東京,杉並
小説家。女子美術専門学校を中退して工場に入り,サークル活動に参加中,夫とともに 1940年検挙され,第2次世界大戦後の 1945年8月まで拘禁された。この間に夫が獄死。日本共産党に入党,『蕗のとう』(1948)で認められ,長編『荷車の歌』(1955~56)により戦後農民文学金字塔を打ち立てた。その後も同じ傾向の創作活動を続け,『道くらけれど』(1963~64),『濁流をこえて』(1965~67),自伝的小説『囚われの女たち』(10巻,1980~86)などの著作がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山代巴 やましろ-ともえ
1912-2004 昭和後期-平成時代の小説家。
明治45年6月8日生まれ。労働運動家山代吉宗と結婚。昭和15年治安維持法違反で夫とともに検挙され,敗戦までを獄中でおくり,夫は獄死戦後郷里の広島県で農村文化運動や,民話語り口をいかした創作にとりくむ。代表作に「荷車の歌」「(とら)われの女たち」。平成16年11月7日死去。92歳。女子美術専門学校(現女子美大)中退旧姓は徳毛(とくも)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山代巴
やましろともえ
(1912―2004)

小説家。広島県生まれ。旧姓徳毛(とくも)。広島県立府中高女卒業後、上京して女子美術専門学校に入ったが、家運が傾いて中退。紙芝居や図案を描いて自立しながら工場生活者に近づき、1929年(昭和4)、四・一六事件で検挙。非転向を貫いて出獄した山代吉宗(よしむね)(1901―45)と知り、京浜工場街に家をもったが、40年、夫とともに検挙、第二次世界大戦敗戦までを獄中で送った。服役中、女囚たちとの交流から農家の女性への関心を深める。『蕗(ふき)のとう』(1948)以下、民話形式による農民像の形象化に成功、『荷車の歌』(1955~56)は戦後農民文学の代表作の一つ。『民話を生む人』(1958)ほかのエッセイや自伝的小説『囚(とら)われの女たち』(1980~86)がある。

[高橋春雄]

『『山代巴文庫 囚われの女たち』全10巻(1980~86・径書房)』『『荷車の歌』(1990・径書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山代巴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山代巴の関連情報

関連キーワード

牧野省三白瀬矗光の科学史[各個指定]工芸技術部門ヤマサキバーブ大正准州ジゴマバルカン戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation