@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山内一弘【やまうちかずひろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山内一弘
やまうちかずひろ
[生]1932.5.1. 愛知
[没]2009.2.2. 神奈川 
プロ野球選手,コーチ,監督。1951年起工業高等学校を卒業,社会人野球の川島紡績を経て 1952年毎日オリオンズに入団。1年目から破壊力十分の「ミサイル打線」の中心打者として活躍。シュート打ちの名人,打撃の職人,との異名をとり,投手が自信をもって投げる内角球を本塁打にした。1964年小山正明投手とのトレードで阪神タイガースに移籍,1年目に 4番打者として優勝に導いた。1968年広島カープ(のちの広島東洋カープ)に移り,1970年に引退。ロッテ・オリオンズ(のちの千葉ロッテマリーンズ),中日ドラゴンズの監督を務めた。読売ジャイアンツなどでコーチを務め,「教え魔」と呼ばれるほどの熱血指導で知られた。通算出場試合数 2235,首位打者 1回,本塁打王 2回,打点王 4回,最優秀選手 MVP 1回。2002年野球殿堂入り。(→プロ野球

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまうち‐かずひろ【山内一弘】
[1932~2009]プロ野球選手・監督。愛知の生まれ。昭和27年(1952)毎日(千葉ロッテ前身)に入団パリーグを代表する打者となり、同35年チームをリーグ優勝に導く。プロ野球初の300本塁打通算2000試合出場を達成。引退後はロッテ中日で監督を務めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山内一弘 やまうち-かずひろ
1932-2009 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和7年5月1日生まれ。ノンプロ川島紡績をへて,昭和27年毎日に入団。榎本喜八,葛城隆雄らとミサイル打線をくみ,シュート打ちの名人とよばれた。39年阪神,43年広島へ移籍。実働19年,首位打者1回,本塁打王2回,打点王4回。通算2271安打,2割9分5厘,396本塁打。のちロッテ,中日監督。平成14年野球殿堂入り。平成21年2月2日死去。76歳。愛知県出身。起(おこし)工高卒。旧名は和弘。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

山内一弘 (やまうちかずひろ)
生年月日:1932年5月1日
昭和時代;平成時代の野球解説者;元・プロ野球選手

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内一弘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山内一弘の関連情報

関連キーワード

無形文化遺産保護条約清水宏[各個指定]芸能部門山中貞雄自動車事故[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎成瀬巳喜男ブタインフルエンザ五所平之助

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation