@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山内一豊【やまのうちかずとよ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山内一豊
やまのうちかずとよ
[生]天文15(1546).尾張
[没]慶長10(1605).9.20. 高知
安土桃山~江戸時代初期の大名土佐藩主。但馬守盛豊の3男。母は梶原氏。辰之助,右衛門と称した。織田信長に仕え,元亀1 (1570) 年姉川の戦いをあげ,のち豊臣秀吉に属して中国征伐に従い毛利氏と戦った。天正 13 (85) 年6月若狭国西県1万 9800石を与えられ高浜に居住。のち秀次に属し長浜2万石を領して,ほかに1万石を加えられたが,同 18年9月には小田原征伐の功によって遠江国掛川5万石に封じられた。慶長5 (1600) 年の関ヶ原の戦いには東軍に属し,戦後土佐高知 24万石に封じられ土佐守に任じられた。一豊の妻の内助の功の逸話は有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまうち‐かずとよ【山内一豊】
[1546~1605]安土桃山時代武将尾張の人。織田信長豊臣秀吉に仕えたが、関ヶ原の戦い徳川家康につき、土佐20万石に封ぜられた。信長馬揃えの際、妻が貯えの金で名馬を買わせたという内助の功の逸話がある。やまのうちかずとよ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまのうち‐かずとよ【山内一豊】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山内一豊 やまうち-かずとよ
1545/46-1605 戦国-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)14/15年生まれ。織田信長,豊臣秀吉につかえる。近江(おうみ)長浜城主などをへて,天正(てんしょう)18年遠江(とおとうみ)掛川城主。慶長5年関ケ原の戦いの功により,土佐高知藩主山内家初代となる。20万2600石。高知城をきずき,支配体制をかためた。慶長10年9月20日死去。60/61歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は辰之助,伊(猪)右衛門。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やまうちかずとよ【山内一豊】
1545か46‐1605(天文14か15‐慶長10)
安土桃山時代の武将。初代土佐藩主。通称伊(猪)右衛門。父盛豊は尾張国岩倉城主織田信安に仕え黒田城を預かるが,1559年(永禄2)織田信長のため落城。一豊は尾張から美濃,近江へと流転し,勢多城主山岡氏に仕え200石を領した。73年(天正1)豊臣秀吉の配下として越前朝倉氏と戦い,近江唐国に400石を領した。このころ妻の金で馬を買った話は有名。77年播磨に移り2000石を領し,さらに柴田勝家軍の追撃小牧長久手の戦,紀州征伐などに従軍し,88年には近江国長浜で2万石を領し,豊臣秀次老臣となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やまのうちかずとよ【山内一豊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまのうちかずとよ【山内一豊】
1546~1605 安土桃山・江戸初期の武将。尾張の人。土佐藩祖。織田信長・豊臣秀吉に仕え、遠江掛川五万石を領した。関ヶ原の戦いでは徳川方に属し、戦後土佐二〇万石の領主となる。信長の馬揃えにあたり、妻が鏡の裏から秘蔵の金を出し、一豊に名馬を買わせた内助の功の話が伝わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまのうち‐かずとよ【山内一豊】
安土桃山時代の武将。初代の土佐藩主。盛豊の三男。はじめ織田信長、後に豊臣秀吉に仕え、高松城水攻め、小田原攻めに活躍。秀吉没後、家康に忠誠を示し関ケ原の戦い後、土佐二〇万石の藩主となる。貧窮時代、妻の蓄えにより、名馬を購入できた逸話は有名。天文一五~慶長一〇年(一五四六‐一六〇五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内一豊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山内一豊の関連情報

関連キーワード

アグリコラ(Georgius Agricola)ペドロ=バウチスタ表千家クウェート宗教改革史(年表)足利義輝黒田官兵衛孝高(よしたか)ウルガタカザフスタン共和国黒田孝高

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation