@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山内豊信【やまのうちとよしげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山内豊信
やまのうちとよしげ
[生]文政10(1827).3.7.
[没]明治5(1872).6.21. 東京
幕末の土佐藩主。第 10代藩主豊策 (とよかず) の5男豊著 (とよあきら) の子。号は容堂。嘉永1 (1848) 年 11月襲封。第 14代藩主となる。識見が広く人材を登用して名君の聞えが高く,明治維新の序幕をなす大政奉還の演出者として著名。将軍継嗣問題では一橋慶喜 (→徳川慶喜 ) を擁して処罰を受け,藩主を豊範に譲った。文久2 (62) 年公武合体趨勢のなかで,松平慶永らとともに幕政参与を委嘱され,朝幕間の斡旋に努めた。慶応3 (67) 年薩長両藩による倒幕の動きが強まると,坂本龍馬らの建策に従い,いちはやく将軍慶喜に大政奉還を説いて実現させ,次いで王政復古に際しては議定として公議政体論を唱え,徳川氏処罰に反対した。明治政府では内国事務総裁をつとめ,明治2 (69) 年病にかかり辞官した。詩や書をよくし,「鯨海酔侯」「九十九洋外史」などの雅をもった。なお,土佐ではやまのうちと呼ばず,やまうちと呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やまうち‐とよしげ【山内豊信】
[1827~1872]江戸末期の土佐藩主。号、容堂。支藩から出て本藩を継ぎ、吉田東洋を登用して藩政改革を行った。一橋慶喜(徳川慶喜)の将軍擁立に尽力し、公武合体運動・大政奉還に活躍。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまのうち‐とよしげ【山内豊信】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山内豊信 やまうち-とよしげ
1827-1872 幕末の大名。
文政10年10月9日生まれ。山内豊著(とよあきら)の長男。山内豊惇(とよあつ)の養子となり,嘉永(かえい)元年土佐高知藩主山内家15代。将軍継嗣問題に関与し安政の大獄で隠居謹慎となる。文久2年ゆるされて公武合体に尽力,3年土佐勤王党を弾圧し武市瑞山(たけち-ずいざん)らを処断。慶応3年大政奉還を建白,王政復古で議定(ぎじょう)となり幕府勢力の温存をはかるが失敗。酒をこのみ,鯨海酔侯(げいかいすいこう)と自称した。明治5年6月21日死去。46歳。号は容堂。
格言など】歳酔三百六十回 鯨海酔侯(脱藩者の坂本竜馬を赦免したときの絵にそえた署名)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

山内豊信
「容堂」[ようどう]の号で知られています。土佐藩の十五代藩主で藩政の改革を行いました。安政の大獄により藩主を退いた後、長州・薩摩藩を中心とした武力で幕府を倒す動きをおさえるため、将軍徳川慶喜[とくがわよしのぶ]に大政奉還[たいせいほうかん]をすすめました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまうちとよしげ【山内豊信】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やまのうちとよしげ【山内豊信】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

山内豊信 (やまうちとよしげ)
生年月日:1827年10月9日
江戸時代末期;明治時代の大名
1872年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やまのうち‐とよしげ【山内豊信】
江戸末期の大名。号は容堂。分家の山内豊著の子。養嗣子に迎えられ一五代土佐藩主となる。藩政の改革を進め、将軍継嗣問題では慶喜擁立、公武合体運動を進め、大政奉還を建白した。文政一〇~明治五年(一八二七‐七二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山内豊信
やまのうちとよしげ
1827〜72
幕末の土佐藩主
号は容堂。1848年襲封。吉田東洋らを起用して藩政改革を行う。将軍継嗣問題では一橋派に属し,安政の大獄により謹慎を命じられ,のち隠居。'62年の幕政改革で参与となり,公武合体につとめた。'67年家臣後藤象二郎の意見を入れ,徳川慶喜 (よしのぶ) に大政奉還を建白して実現させ,公議政体論による徳川氏中心の列侯会議を主唱したが小御所会議で討幕派に押しきられた。のち王政復古で議定となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内豊信
やまうちとよしげ

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山内豊信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山内豊信の関連情報

関連キーワード

カニングアーベルカニングシュトラウスソル冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation