@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山南【さんなん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山南
さんなん
兵庫県中東部,丹波市南部の旧町域。加古川支流の篠山川佐治川の合流点付近に広がる。 1955年上久下村,久下村,小川村の3村が合体して町制。 1957年和田村と合体。 2004年柏原町,氷上町,青垣町,春日町,市島町と合体して丹波市となった。約 80%が山地で,製材パルプ工業のほか釣竿の生産が行なわれる。 1965年の農村工業導入促進法で家具インテリア工場も進出丹波栗本場として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんなん【山南】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

山南
さんなん

兵庫県のほぼ中央部、氷上郡(ひかみぐん)にあった旧町名(山南町(ちょう))。現在は丹波(たんば)市の南端を占める一地区。1955年(昭和30)上久下(かみくげ)、久下、小川の3村が合併して町制施行。1957年和田村と合併。2004年(平成16)柏原(かいばら)町、氷上町、青垣(あおがき)町、春日(かすが)町、市島(いちじま)町と合併、市制施行して丹波市となる。旧町域は、加古川(かこがわ)上流の佐治(さじ)川と篠山(ささやま)川が合流する盆地にある。早くから開けた地で、古墳が多く、条里遺構が残る。中心集落の谷川(たにがわ)はJR福知山線と加古川線の分岐駅で、国道175号も通る交通の要地。農業は米作のほか、花卉(かき)、野菜、果樹栽培も行われる。特産は丹波グリ、和田の薬草など。また割箸(わりばし)、釣り竿(ざお)なども知られる。聖徳太子草創と伝えられる石龕寺(せきがんじ)には、鎌倉時代の仏師定慶(じょうけい)の手による木造金剛力士(こんごうりきし)立像(仁王像)2躯(く)があり、国の重要文化財となっている。国指定重要文化財として、ほかに常勝寺の銅造十一面千手観音(せんじゅかんのん)立像と木造薬師如来(やくしにょらい)坐像、旧友井家住宅、金屋(かなや)の十三塚がある。

[二木敏篤]

『『山南町誌』全3巻(1988~ ・山南町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山南」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山南の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation