@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山台【ヤマダイ】

デジタル大辞泉

やま‐だい【山台】
歌舞伎大道具の一。役者が舞台上で腰掛けるのに使う高さ1尺4寸(約42センチ)くらいの台。
歌舞伎の大道具の一。常磐津(ときわず)節清元節などの浄瑠璃連中が出語りのときに座る台。また、長唄連中が舞台背後に居並ぶ雛段(ひなだん)もいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やまだい【山台】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やまだい【山台】
歌舞伎で、舞踊劇の時、浄瑠璃や長唄などの演奏者が並んですわる緋毛氈ひもうせんを敷いた台。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

山台
やまだい
歌舞伎(かぶき)の大道具の一種。主として舞踊劇で出囃子(でばやし)・出語りの場合、唄(うた)・浄瑠璃(じょうるり)などの音楽演奏者が乗る台をいう。江戸時代には正面に置かれ、台の前面に背景とあわせ山や土手の模様を描いたので、この名ができた。現在ではたいてい、清元節は上手(かみて)(客席から見て右側)、常磐津(ときわず)節は下手(しもて)に置かれる。長唄は正面が原則だが、二段以上に飾って緋毛氈(ひもうせん)を敷く場合が多く、雛(ひな)人形を飾る台に似たところから、とくに雛段とよぶ。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やま‐だい【山台】
〘名〙
① 歌舞伎の大道具の一つ。役者が舞台で腰をかけるのに用いる高さ一尺四寸(約四二センチメートル)ほどの台。〔滑稽本・客者評判記(1811)〕
② 歌舞伎の大道具の一つ。常磐津、清元などの浄瑠璃連中がすわる台。また、長唄連中が舞台背後に居並ぶ雛段をいう。もと、戸外の場面が多く、その台の前面に山の絵が描いてあったところからいう。浄瑠璃台。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)四立「山台の上清元連中居並び、直に上るりに成る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山台の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation