@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山吹【ヤマブキ】

デジタル大辞泉

やま‐ぶき【山吹】
バラ科の落葉低木。山間の湿地に多く、群生する。葉は互生し、卵形で先がとがり、縁に二重のぎざぎざがある。晩春、黄色の5弁花を開き、実は暗褐色。古くから庭木とされ、八重咲きのものは実がならない。漢名、棣棠花。 春》「ほろほろと―ちるか滝の音/芭蕉
山吹色」に同じ。
《色が1の花の色に似るところから》大判・小判の金貨。黄金。
襲(かさね)の色目の名。表は朽葉(くちば)、裏は黄。山吹襲
紋所の名。1の花や葉を図案化したもの。

フナをいう女房詞
白酒をいう女房詞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

山吹 やまぶき
?-? 平安後期-鎌倉時代の女性。
源義仲の側室。「源平盛衰記」によれば,治承(じしょう)4年(1180)義仲が信濃(しなの)(長野県)木曾挙兵して以来,巴御前(ともえごぜん)とともにしたがったが,のち病気で都にとどまったという。別名

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

動植物名よみかた辞典 普及版

山吹 (ヤマブキ)
学名:Kerria japonica
植物。バラ科の落葉低木,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

山吹
(岩手県一関市)
日本の棚田百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やま‐ぶき【山吹】
〘名〙
① バラ科の落葉低木。各地の山野に生え、また、観賞用に庭園などに広く栽植される。高さ一~二メートル。葉は柄をもち長さ三~七センチメートルの長卵形で縁に不規則な鋸歯(きょし)がある。春、新しい短い側枝の先端に黄金色で径四センチメートル内外の五弁花を一個ずつ開く。果実は扁球形で約五ミリメートルぐらい。茎には白い髄があり、子どもが玩具の鉄砲の玉などに使った。八重咲きで果実のできないヤエヤマブキ、白花のシロバナヤマブキなどの品種がある。漢名、棣棠・棣棠花。《季・春》
※万葉(8C後)一一・二七八六「山振(やまぶき)のにほへる妹がはねず色の赤裳の姿夢に見えつつ」
② 「やまぶきいろ(山吹色)①」の略。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「まばゆき色にはあらで、紅、紫、山ぶきの地の限り織れる御小袿などを」
※宇津保(970‐999頃)楼上上「やまぶきの綾の三重がさね」
④ 紋所の名。①の花、また花と枝葉を図案化したもの。抱き山吹、向う山吹などがある。
⑤ 金貨。大判または小判。その色が①の花の色に似ているところからいう。
※俳諧・犬子集(1633)二「咲色はかな山ふきのゐんす哉〈慶友〉」
※随筆・独寝(1724頃)下「百万貫の山吹も同じ事のつもりといへり」
⑥ 女房詞。
(イ) 鮒(ふな)をいう。〔大上臈御名之事(16C前か)〕
(ロ) 白酒をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
(ハ) 干大根と嫁菜を煮たものをいう。
※女重宝記(元祿五年)(1692)一「ほし大こんによめなは山(ヤマ)ぶき」
※洒落本・南閨雑話(1773)馴染の体「その山吹を、よヲふく。ほうじて入れや。どれへ。ヱヱモフこの子は、それナきのふ道さんの所から来た茶よ」
⑧ 香木の名。分類は羅国(らこく)。二百種名香の一つ。〔五月雨日記(1479)〕
⑨ 魚の背鰭の部分の名。
⑩ 鉱山で、採取した鉱物から金・銀・銅・錫などを吹き分けること。また、その吹き分けたもの。
[語誌](1)①は「万葉集」のころからよく詠まれたが、王朝和歌では晩春の景物として定着した。水辺に咲くので、「移ろふ」と「映ろふ」を掛けたりすることが行なわれた。
(2)蛙(かわず)との取合せも「かはづ鳴く甘南備河に影見えて今か咲くらむ山振(やまぶき)の花」〔万葉‐一四三五〕のように「万葉集」からあるが、王朝和歌ではさらに一般化した。山城の歌枕である井手は山吹と蛙の名所として知られ、「かはづ鳴く井手の山吹散りにけり花の盛りにあはましものを」〔古今‐春下〕などと詠まれている。
(3)一重山吹は結実するが、八重山吹は、雄しべが花弁化し、雌しべが退化しているため、結実しない。
(4)②は梔子(くちなし)色なので、「口無し」(物を言わないの意)の縁で詠まれることも多い。「山吹の花色衣ぬしやたれ問へど答へずくちなしにして〈素性〉」〔古今‐雑体〕など。
(5)「和漢朗詠集」を始めとして、日本漢詩の歌題に「款冬」と表記することが多いが、「款冬」は中国ではツワブキの一種で、ヤマブキとは別物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山吹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山吹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation