@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

山岳仏教【サンガクブッキョウ】

デジタル大辞泉

さんがく‐ぶっきょう〔‐ブツケウ〕【山岳仏教】
人里を離れて山中に入り修行する仏教平安時代天台宗真言宗修験道など。山林仏教。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんがく‐ぶっきょう ‥ブッケウ【山岳仏教】
〘名〙 仏教の一類型。人里を離れて山林にはいり、そこに寺院を構えて修行するもの。平安時代の天台宗、真言宗、および修験道などをさす。平安仏教の別称に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

山岳仏教
さんがくぶっきょう
平安前期,山中を修行研学の場とした天台・真言両宗のこと
天台宗・真言宗は延暦寺金剛峯寺にみるように深山寺院を建てたので,都城平野に寺院をもつ南都仏教に対してこう呼ばれた。政治から離れ修行に専心するためで,修験道も山岳仏教の一つ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山岳仏教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山岳仏教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation